ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

小玉紫泉さんならではの本格派の綴れ角帯
品格ある多彩使いは着回し度も抜群

西陣織伝統工芸士 小玉紫泉さんの爪掻き本綴れの角帯のご紹介です。

“爪掻き”とは、綴れ織を制作する際に、その織り目の糸を、ギザギザに削った爪でたぐりよせるようにして、ひと目ひと目、整えていく技法のことです。職人さんは毎朝、中指と薬指など2本の指の爪を糸の細さに合うように削って、織りをはじめるのだそう。ひとつひとつを丁寧に、ミリ単位の仕事を進めていく。綴れ織はたて糸をよこ糸で包んで、階段状に織り上げていく技法なので、その爪の力加減ひとつで線状美が決まるといいます。

こちらは多彩な縞がやたらに織りなされたデザイン。すっきりとシンプルな意匠ですが、優しく落ち着いた多彩を絶妙なバランスで配することで、なんともいえない上質な品の良さが漂います。

茶席や観劇、お集りへ。
お召や小紋、江戸小紋、紬まで幅広く楽しめる一品です。

素材
灰紅×ねず×白茶
仕立て
性別
男性
納期
約15日

提供

商品番号: 1315107093
爪掻き本綴れ 角帯「やたら縞」
小玉紫泉
価格(税込):
通常価格: 298,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品