ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

織りの構造美を極め
深遠なる空間の美は生まれる
格調高く調和する和様美はあなたの装いを一層引き立てます

人間国宝 北村武資氏の作品としては大変珍しい、『経錦(たてにしき)』の角帯作品です。

『経錦』とは、経糸の浮き沈みで地と文様を織り出した錦のことです。数色の色経糸をまとめて1本のように扱い、地や文様に必要な色経糸を表に出し、残りの色経糸を裏側に沈めることによって織り表すという、大変複雑な織の技法です。

こちらは全体に金糸が織りなされた金通しの華やかなデザインです。

仙台平の袴下にされたら唯一無二の極上のフォーマルが仕上がります。
勝負の日の一本、稀少な逸品をこの機会にご堪能ください。


人間国宝 北村武資氏について

■1995年「羅」認定
■2000年「経錦」認定

二つの分野で人間国宝に認定されている方は現在でもほとんどいません。

15歳の時から精進した西陣織の技術を駆使して、誰からも教わることなく編み出されたこの織。人間国宝の世界では「世襲」か「師匠について長年修業を積んで身につける」かの二通りの道が大多数を占める中、 北村武資氏はただ独学で自身の道を築き上げました。

1972年、「長沙馬王堆漢墓(ちょうさまおうたいかんぼ)写真速報展」で出会った「羅」という織物。その幻想的な美しさに魅せられ、しかもそれが2000年前の人々の生活の中で生きていた美しさであったことに感銘を受けた北村氏。それから、そこで見た写真のみから推測して羅を復元したということに驚かずにはいられません。

羅を自在に織ることができるようになった北村氏が、次に目指したのは「経錦」の復元でした。「経錦」も中国の唐の時代に日本へ伝わりましたが、製織が比較的容易な緯錦が主流となり、奈良時代以降には織られなくなった織物です。

権威のあるさまざまな発表の場で数々の賞を受けたことは言うまでもありません。

しかし、北村氏の織りは、単なる古代製織技法の復元ではありません。 北村氏の織物は『現代に生きる織』と言われます。 古代とは全く違う独自の世界。織技の解明、継承を求めつつも、現代の街に合う色や地風を作り上げる。かつて古代中国の人々の中で羅が生きてきたように、現代の人間が現代に生きる織物を現代感覚で作り出していかなければならないと考えているのです。

【作家産地】「北村武資」のご紹介はこちら
【作家産地】「北村武資」に関する記事一覧はこちら

素材
黄×ベージュ×サーモンピンク
仕立て
性別
男性
長さ
幅約10.2cm×長さ約450cm
納期
約10日

提供

商品番号: 1315106552
角帯「経錦 花亀甲 金通し 黄×ベージュ×サーモンピンク」
北村武資
価格はお問い合わせください
価格はお気軽にお問い合わせください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品