ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

松皮菱が辻が花の甘さをきりっと引き締めて
落ち着いた彩りで存在感のある帯姿が楽しめる
さらりとした紬素材で、単衣にもおすすめ

「辻が花」をひとつは、と思われている方も多いことと思います。
ファンの多い、人気の「辻が花」を染め上げた九寸帯です。

おだやかなアイボリー地に、落ち着いた茶系のカーキと灰焦茶で表現された「辻が花」。松皮菱文を三段に重ねた構図が存在感のある帯姿を演出する一品です。松皮菱ならではのシャープな直線と、辻が花のふんわりとした曲線のフォルムの対比がおもしろく、甘くなりがちな辻が花をきりっと引き締めた印象で楽しめます。

生地は、さらりとした紬素材で、単衣にも最適で、袷まで長くお役立ていただけます。
地色もベーシックで色数も統一的ですので、小物合わせもさまざまに、コーディネート力も抜群で重宝いただけそうです。
紬や綿着物、小紋の装いに。
観劇やお買い物、友人との食事会へ。


「辻が花」とは
「辻が花」は、室町時代中期から江戸時代初めまでの間に制作された「絵模様絞り染め」の呼び名です。 鹿の子絞りとは違い、ひとつの絞りが葉一枚、花一輪、その形を表し、それぞれの色に染め分けられています。これは【輪出し絞り】という、とても難しい独特の職人技によるもの。地の色、花や葉の色ごとに絞り、染め、乾燥、糸ときを繰りし、さらには「カチン」という墨で花びらや葉脈を描き、隈取り(ぼかし)を施すという、大変な手間と技術が求められる技法です。
元は女性の小袖として着用されていましたが、後に男性たちにも広まり、武田信玄、上杉謙信、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など時代の頂点を極めた武将たちも愛用していました。また茶人、千利休や古田織部といった方々やその門人たちも折毎に好んで着用するなど、格の高い柄として確立されました。


【お手元確認サービス】ご自宅でご覧になりませんか
辻が花ならではの表情や生地の風合い、お手持ちの着物や小物との相性など、画面上だけでなく、お手に取って頂けるとご実感頂けると思いますので、「お手元確認サービス」もお気軽にお申しつけください。
※注文手続き画面の備考欄に「手元確認希望」とご記載ください。仕立て前にご自宅でご確認いただけます。
>>「お手元確認サービス」とは

素材
アイボリー、茶系カーキ、灰焦茶
仕立て
性別
女性
柄付
太鼓
納期
寸法確定後約20日

提供

商品番号: 1310312433
九寸名古屋帯 絞り染 紬「松皮菱辻が花」
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 280,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 263,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品