ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

織楽浅野ならではの奥行と質感
現代の街並みに似合う帯

織楽浅野の九寸帯のご紹介です。

こちらは「やぶれ蜀江文」と題されたデザインです。
蜀江文(しょっこうもん)とは、八角形と四角形を連続させた文様です。
「蜀江」とは中国の蜀の首都を流れる河のこと。その地域では良質な絹織物が盛んで「蜀江錦」として日本に伝わりました。「蜀江文」は帯などによく用いられている伝統的な柄行です。
重厚感のある袋帯などにも織り出される柄行を、「やぶれ」という、柄がところどころとぎれるように、無地場を効果的にあしらうことですっきりと軽やかな雰囲気で表現したデザインです。
極淡い白ねず地に、藤、クリーム、水色の品の良い彩りを添え、金銀をさりげなくあしらったエレガントなセンス。絹の光沢感も美しく映えるとてもきれいな表情で、お顔映りの明るさも魅力です。
きれい目な装いに最適な織九寸帯です。

雰囲気が合えば付下げ、色無地、江戸小紋にもお役立ていただけ、小紋やきれい目な織着物まで幅広く重宝いただけます。
よそいきに品良く集いたいお集りや観劇へ。


織楽浅野について
1980年に「織を楽しむ」をコンセプトとして創業された京都西陣「織楽浅野」。 色数を抑え、奥行きと質感があるきもの。 西陣の伝統を大切にしながらも感性が際立つ作品を作り続け、 時を越えて支持されるスタイルを提案しています。 幼少の頃よりお父様と共に美術館や本屋巡りをし、 価値あるものを選ぶ眼を養う機会に恵まれたという代表の浅野裕尚さん。 現在も世界中の美術書や織物、さまざまな和紙、筆、墨、箸、ポスターなどをコレクションされ、 素材そのものの本質的な美しさを捉え、創作に生かされています。 素材の違いが生み出す陰影が表情をつくる帯は、女性男性ともに人気を集めています。
【作家産地】「織楽浅野」のご紹介

素材
白ねず、藤、クリーム、水色、金、銀(690C)
仕立て
性別
女性
柄付
太鼓
納期
寸法確定後約20日

提供

商品番号: 1310312302
西陣織 九寸名古屋帯「やぶれ蜀江文」
織楽浅野
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 168,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 151,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品