ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

現代の街並みに似合う吉野間道
大人の洗練された上品カジュアル

江戸時代に生まれた「吉野間道」を、現代の街並みに似合うセンスで織りなす藤山千春さんの作品です。

「吉野間道」とは、寛永の三大名妓、吉野太夫に京の豪商、灰屋紹益が贈ったと言われる、名物裂の一種、南蛮渡来の縞織物です。柳悦孝氏(柳宗悦氏の甥)らが復元し、藤山千春さんは悦孝氏の一番弟子として師事し、吉野間道を作り続けています。

草木染のあたたかみのある彩りとその都会的な色選び。独特の畝の凹凸が生み出す立体性。すっきりとした画面ながら奥行のある表情が魅力で、大人の洗練された上品カジュアルを楽しめる帯として人気があります。

無地感覚のきものをさらにスタイリッシュに。
柄合わせが難しい総柄のきものにもバランス良く。
小紋や紬はもちろんのこと、軽めの付下げや江戸小紋などにもおすすめです。

【作家産地】「藤山千春」

素材
墨色
仕立て
性別
女性
柄付
太鼓
納期
寸法確定後約20日

提供

商品番号: 1310312171
九寸名古屋帯 草木染 「吉野間道 緯吉野 墨色」
藤山千春
売切御礼
同柄・似寄り品のお探し、別誂え等のご相談を承ります。
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品