ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

「華主」、すなわち着る人が主人公
200年の時を超え、友禅の本流をゆく
今を生きる貴女の装いは華やかに花ひらく

五代 田畑喜八さんの染九寸帯作品です。

日本の伝統的な竹垣のひとつ、光悦垣を背景に笹を組み合わせた粋な風情の意匠。落ち着いた色使いの中に、垣根の結び目にあしらわれた金彩の輪郭がきりっと品の良いメリハリを利かせています。

風格さえ漂う九寸帯は、
江戸小紋や色無地に合わせて少しあらたまった席にも最適です。
観劇や会食にいかがでしょうか。


五代 田畑喜八さんについて

着る人が「華主」。
お召しになる女性が「華の主」として一番美しく輝いて見えるように最大限の力を尽くしてものを作る。それが自分の仕事と言い切る五代 田畑喜八さん。

田畑喜八さんと聞くと“茶屋辻染め”を思われるかもしれませんが、お作りになられているのはそれだけではありません。京友禅を手掛ける染屋ですから、どんなデザインのものでも作ります。その考えの元、田畑家では「藍の濃淡・摺疋田・縫い箔」を得意としてものづくりをされています。

その中で、五代 田畑喜八さんがライフワークとして手がけているのが“茶屋辻染め”です。独特の美しいバランスと色彩。その陰影を出す色挿しには「藍の墨棒」(滋賀県の藍でつくった藍墨で江戸時代に製作、現在は田畑家のみで使用しています)を磨って筆で加筆しています。それを繰り返して、藍の濃淡を基調とした気品あふれる、格調高い、優雅でありながら芯に力強さのある着物を作り上げています。

「田畑喜八」のご紹介はこちら
【和織物語】「着る人と完成させる模様染め 五代 田畑喜八の世界」
【和織物語】「五代 田畑喜八 ~お召しになる人が「華主」さらに麗しく輝いて~」

素材
ライトグレー
仕立て
性別
女性
柄付
太鼓
納期
寸法確定後約20日

提供

商品番号: 1310311071
九寸名古屋帯「光悦垣に笹」
五代 田畑喜八
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 330,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 313,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品