ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

「水」「風」「太陽」が最高の条件で集う場所、赤崩
養蚕、糸取り、草木栽培、染め、織り、
全ての工程を自身で手がける究極のものづくり

雑誌・メディアにて着用掲載されたため特別価格にてご紹介します。
※表示価格は【お仕立て有り価格】より【15%OFF】となっております。


こちらは雑誌「美しいキモノ 2024年春号」62.63ページに掲載されたお品です。
こちらの誌面では未仕立てのまま着用されました。


《62.63ページ誌面より》
【石田ひかりさん着用】
石田ひかりさんが出合う至福の紅花染

「作家自身が養蚕し、手引きした真綿糸を紅花で染め、経緯に用いたきもの。経糸の一部に桜木で染めた糸を用いて、大胆な追分の縞を表現しています。濃淡の紅の美しさが際立ち、紅花紬の魅力が凝縮した作品です。同じ作家の格子模様の八寸帯を合せました。」


メディア掲載品は特別価格でご案内しています。ぜひこちらもご覧ください。
>>「メディア掲載品」コーナー


山岸幸一さんについて
山形県米沢市、人里離れた山奥で厳しい自然と向き合いものづくりをされる山岸幸一さん。「水」「風」「太陽」が最高の条件で集う場所を求め、現在の地、赤崩へ。養蚕、糸取り、草木の栽培と染液の抽出、染め、織り、全ての工程を自身で手がけられています。
山岸幸一さんは、創業者・泉二が作品はもとよりその生き方、思想すべてに惚れ込み、人生の師と仰ぐ大きな存在です。出会いは1995年。泉二が日本伝統工芸展で目にした布のふわりとした風合い、佇まいの清らかさに衝撃を受け、伝手を辿り工房に通い続けてやっと作品を取り扱わせていただいたのは4年後のこと。泉二はあまりの嬉しさに男泣きに泣きました。それから3年後の2002年には初個展を開催し、2021年までに15回を数えるまでに。草木で染めた糸が最も美しくなる年、その時を待ってから織り上げるため、山岸さんの作品はすべての工程を終えて反物となるまでに4年から5年もの歳月がかかります。

>>【泉二弘明ロングインタビュー】男が惚れる男-山岸幸一先生のものづくり 
>>【お客様の声】私たちが伝えたい山岸幸一さんの作品の魅力


【山岸幸一】八寸名古屋帯 赤崩紬 草木染 春来夢「薄墨×紅×浅葱×黄」
主な色糸:薄墨×紅×浅葱×黄
『春来夢(しゅんらいむ)』…黄金繭色素染。黄金繭から色素を抽出し、それを白い繭糸に染め上げるという山岸幸一さんの独自技法の名称。


山岸幸一さんについてはぜひこちらをご覧ください
関連記事
【和織物語】「志を織る~山岸幸一の紬織~」著者:外舘和子(多摩美術大学教授)
【和織物語】「山岸幸一 - 生命の色~ひたむきに生命の美を求めて~」著者:田中敦子(工芸ライター)
【工房見学レポート】「紅花餅作り」
【工房見学レポート】「寒染紅花」
【作家産地】「山岸幸一」
関連動画 公式YouTube
【インスタライブ】山岸幸一さん×店主泉二弘明
2021年工房と生中継配信したインスタライブ
夕方16時「紅花餅から染料作り」 / 翌朝4時「寒染」 / 翌朝6時「寒染」

素材
薄墨×紅×浅葱×黄
仕立て
性別
女性
柄付
太鼓
納期
寸法確定後約20日

提供

商品番号: 1310201632
【美しいキモノ】【お仕立て有り価格】
【誌面も紹介】
【石田ひかりさん着用】八寸名古屋帯 赤崩紬 草木染 春来夢「薄墨×紅×浅葱×黄」
山岸幸一
価格(税込):
割引価格: 533,800円 15%
OFF
通常価格: 628,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品