ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

手織りのしなやかさ、確かな締め心地
個展を踏まえながらも現代性豊かなデザイン
ワンランク上の着物姿へ

“手機”にこだわる西陣の織元、滋賀喜織物の美術工芸品のような袋帯をご紹介いたします。

落ち着いた赤地に銀糸で織りなされた名物裂の唐花模様。古典柄でありながらも洋の香りを漂わせるのはまさに滋賀喜織物ならではの感性です。 古典的な着物にはもちろんのこと、洋装と集うコンサート、ワインパーティーにも洗練されたセンスが楽しめます。銀糸は煌めきが控えめですので、フォーマルの銀糸ではなく洒落袋として、絵羽紬などにも最適です。

手機にこだわる西陣唯一の機屋、滋賀喜織物の確かな帯でございます。代々受け継ぐ逸品として終生ご愛顧いただきたい逸品でございます。


「滋賀喜織物」について

滋賀喜織物は“100%手機”のみのものづくりをされている、京都西陣の中でも唯一の機屋です。手機は、1つの帯の中に、いろいろな組織を入れることができるため、機械織の帯とは表現力の幅が全く違います。そしてなにより生地が身体の曲線にフィットする極上の柔軟性を兼ね備えます。

滋賀喜織物の帯は、一般的な箔帯が1寸の幅に緯糸60本を織り込むのに対し、1寸巾に約85~90本の金箔糸が織り込まれています。これは細い糸を織り込んでいることを意味し、そのため細い線による自由な柄表現が可能となり、さらに生地にしなやかな風合いが生まれます。

箔糸は、四国のみつまたを原料とした和紙を、柿渋で染めて、漆を塗り、金箔をかけて、専門の箔切り屋で裁断した箔を使用しています。

織りながら、箔糸を一越ごと(緯糸の一段ごと)竹のヘラで引いて入れ、織り込んでいきます。その仕事はまさに職人技。寸分のずれもゆるされない神業と呼べる日本の手仕事があってはじめてお届けできる、引き箔ならではのなめらかな艶めきをぜひ隅々までご覧くださいませ。

【作家産地】「滋賀喜織物」のご紹介はこちら
「滋賀喜織物からのメッセージ」

素材
落ち着いた赤×銀
仕立て
性別
女性
柄付
太鼓
納期
約20日

提供

商品番号: 1310105881
袋帯 西陣織 「100%手機の機屋 名物唐花」
滋賀喜織物
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 750,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 738,000円
メディア貸出中
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品