ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

端正な四ツ目菱を織りなした
贅の極みと呼べる「羅の袋帯」
美術品をまとう喜びを

『羅(ら)』
1995年 重要無形文化財保持者認定
《歴史と技法》
中国・前漢時代には織られていたとされる「羅」は、経糸4本を一組とし、一本の経糸が左右の経糸と捩り合って薄い網目状の織りとなる技法です。日本でも室町時代中頃までは織られていましたが、応仁の乱以降はほとんど織られなくなりました。
北村氏が取り組むきっかけとなった幻の羅との出合いは1972年。「二千百年の奇跡 中国・長沙漢墓写真展」で見た一枚の写真に、貴人の棺の内張りとしての羅が映し出されていました。
北村氏はその時のことを「羅というものの美しさが、土から出てきた棺のなかで、光の角度のためか、パーっと写っていて、・・出合った時点でショートしたみたいな」衝撃を受けた(※1)と回想しています。
自ら工夫をこらした織り機を考案し、約一年をかけて再現に成功。以後さらに現代性を加えた新しい羅の世界を広げられ、1995年に国の重要無形文化財保持者に認定されました。
※1「『織』を極める 人間国宝 北村武資」p21


(夏もの)袋帯「羅 四ツ目菱 香色」
『羅』の「袋帯」作品は大変希少でほとんど制作されておりません。本来であれば美術館や図録でしか拝見できない作品群のご紹介の機会を頂戴しました。四ツ目菱がやわらかな気品あふれる香色で織りなされた端正な帯。盛夏の訪問着などやわらかものから、上質な上布や自然布など織着物にも合わせて、美術品をまとう喜びをご堪能ください。


人間国宝 北村武資
1995年『羅』/ 2000年『経錦』 重要無形文化財保持者(人間国宝)認定

1935年京都市生まれ。15歳から西陣で織物を学ぶ。古代に発展し途絶えた織り技法を独学により復元し、日本国内染織作家の中で唯一、2つの技法で重要無形文化財保持者に認定。1996年紫綬褒章、2005年旭日中綬章 受章。銀座もとじにて2022年2月人間国宝 森口邦彦氏と二大巨匠展開催。2022年3月永眠。
【作家産地】「北村武資」のご紹介
【和織物語】「深遠なる空間の美―北村武資の織」

素材
香色
仕立て
盛夏
性別
女性
柄付
全通
納期
約20日

提供

商品番号: 1310104398
(夏もの)袋帯「羅 四ツ目菱 香色」
北村武資
価格はお問い合わせください
価格はお気軽にお問合せください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品