ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

森康次×銀座もとじ
初制作、むら暈しのみの羽衣羽織
上質を知る大人の究極の薄羽織

【店主も愛用しています】
梅雨本番となる今の季節に私が重宝しているのがこの薄羽織です。毎年、刺繍作家の森康次さんと数量限定で制作している「羽衣羽織」です。
むら暈し染めのみでのご紹介は今年が初めてとなります。
自身のものは羽織が淡いグリーン地なので、全体を同系色でまとめました。歳を重ねるにつれて、綺麗な色を清潔に着こなすことを心がけるようにしています。
しなやかな透け感は周りの方々にも、爽やかな印象を与えてくれる気がします。着ていることを忘れてしまうほどの軽さも魅力です。
※店主 泉二弘明インスタグラムより @koumeimotoji


刺繍作家 森康次さんと銀座もとじが毎年限定制作している人気の「羽衣羽織」。
今回初めて、刺繍をほどこしていない「むら暈しのみ」の羽衣羽織用のコート地を制作しました。

お手にされたら、その極細の糸の風合いと、まるで手にしていないかのようなふわりとした軽さに驚かれることでしょう。

蝉の羽根を思わせるしなやかな透け感。
お召しになる方の身体をそっと包み込む極上の気品。
「羽衣羽織」はこの上なく軽やかな肌心地をご堪能いただける薄羽織です。

ご着用は「薄羽織」として、5月から9月にかけて、単衣から盛夏の季節にお役立ていただけます。お色目も合わせやすく、ニュアンスほどの表情で品が良く、小紋、お召、紬など幅広く重宝します。

着物通の方にこそお気に入っていただけそうな珍しい表情の薄羽織です。
所作やドレープによって浮かび上がる極上の洒落感をご堪能ください。


森康次さんについて

京都上賀茂に工房「アトリエ森繍」を構える森康次さん。1946年、京都市中京区に生まれ、刺繍を生業とする「ぬい屋」の長男として15歳で家業に従事。当時の刺繍の役割はあくまで友禅へのあしらい的なものでしたが、次第に刺繍を主役にした作品を創作したいという気持ちが大きくなり、写生や水彩画の勉強を始められます。「ものをよく見て、その命のありようを『形』にする」――よく口にされるこの言葉には、「五感で感じた、形になりにくいものを形にしたい」という想いが込められています。また、色についても同様に「何色と一言で言えないくらいの色が綺麗だと思う」と仰います。刺繍の色糸はすべて森さん自らが染められ、工房にある糸専用の引き出しには夢のように美しいグラデーションを描いて2500色以上の糸が整然と並んでいます。刺繍糸の色や明度を抑えた穏やかで優しいきものづくり。纏う人のことを一番に想い、決して目立ちすぎない上品なきものは時代に左右されない真の魅力があります。

【作家産地】「森康次」のご紹介
【和織物語】「絹の光跡〜森康次 日本刺繡の世界〜」

素材
焦茶
仕立て
盛夏
性別
男性
生地巾
(外巾)約1尺8寸(約40.9cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 1025500577
【店主も愛用】【お仕立て有り価格】
【コラボレーション】
(薄羽織として) 羽衣羽織「むら暈し 焦茶」(広巾)
森康次
商談中
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品