ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

会長泉二弘明も薄羽織として単衣から盛夏に愛用
プレーンな無地は上品に楽しめる定番品

【泉二弘明も愛用】
初代店主である会長 泉二弘明も薄羽織に仕立てて大変愛用している、銀座もとじオリジナル制作の「明石縮」。薄羽織からそっと見え隠れする角帯や着物の柄行きとの相性をコーディネートいただくのも、透ける素材ならではの醍醐味です。


夏ならではの透け感が魅力の「明石縮」は、「着物」はもちろんのこと、「薄羽織」にも大変人気で、毎年新色を制作し続けているロングセラーの着尺です。
「薄羽織」に仕立てると、5月から9月、単衣から盛夏にかけて重宝する「薄手のジャケット感覚」で長い季節に楽しめます。

こちらの明石縮は、プレーンな無地。流行りすたりなく、ご年代も問わず、上品に楽しんでいただける定番の一品です。

※こちらは【生地巾(外巾)1尺6分(約40.1cm)】ございます≪広巾≫です。裄の長い方にもお楽しみいただきやすい仕上がりです。
※強撚糸の織物である明石縮は、縮み防止のため「ガード加工」または「パールトーン加工」を合わせてご案内しております


明石縮について
さらさらと肌をすりぬける快適な着心地が魅力の明石縮は、7月8月の「盛夏の着物」としてはもちろんのこと、5月から9月にかけて、単衣から夏の季節にお役立ていただける「薄羽織」としても大変人気があります。

明石縮は兵庫県明石地方で始まり、現在では新潟県の十日町で作られている、夏の代表的な伝統的織物のひとつです。緯糸に強い撚りがかけられることで、さらりと涼やかな夏物らしい素材感をお楽しみいただけます。

【作家産地】「明石縮」について
【YouTube】明石縮の制作工程を紹介


【お手元確認サービス】ご自宅でご覧になりませんか
明石縮ならではのさらりとした風合いや、お手持ちの帯や小物との相性など、画面上だけでなく、お手に取って頂けるとご実感頂けると思いますので、「お手元確認サービス」もお気軽にお申しつけください。
※注文手続き画面の備考欄に「手元確認希望」とご記載ください。仕立て前にご自宅でご確認いただけます。
>>「お手元確認サービス」とは

素材
落ち着いたほんのりグレーおびた緑(色番号1016)
仕立て
盛夏
性別
男性
生地巾
(外巾)約1尺6分(約40.1cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 1025100449
【銀座もとじオリジナル】
【会長も愛用】(夏もの/薄羽織にも) 明石縮「無地 グレーおびた緑」(広巾)
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 190,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 137,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品