ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

ひと目見た宮古上布に惹かれCAから転身。
伝統に新しい感性を重ねて織り出す。

【特集】「日本の夏 極上の上布を極める」
>>商品一覧

上布の最高峰と言われる越後上布や宮古上布を始め、北から南まで日本の風土から生まれた上布の逸品をご紹介いたします。
現在、重要無形文化財として指定される越後上布の年間生産反数は二十~三十反、小千谷縮はわずか三反程度と希少です。
限られた時期の装いだからこそ、素材にこだわり、極上の着心地をご堪能ください。


正真正銘、夏の逸品。
宮古上布作家 新里玲子さんの着尺作品です。
こちらは「せせらぎ」と題された作品で、おだやかな生成り地に藍のブルーと木麻黄の茶でやたら格子が織りなされたニュアンスほどのやわらかな表情が、爽やかな夏のせせらぎの静かなきらめきを感じさせます。モダンな帯ですっきりとスタイリッシュにも、たっぷりとしたボリュームの伝統柄の帯を添えても、バランスが取りやすく様々に表情が楽しめます。
草木染料:藍、木麻黄

宮古上布は、日本を代表する上布として「東の越後、西の宮古」とも呼ばれる極上の夏着物です。
自然布の帯も最適です。夏の最高の贅をご堪能ください。


新里玲子さんについて
宮古島で、伝統をふまえて個性を生かした上布作りに挑戦をしている作家、新里玲子さん。ひと目見た宮古上布に魅かれ、キャビンアテンダントから転身。試行錯誤を繰り返し「自分の感性を活かしたものづくり」を目標に、絣を手で括り、糸は草木で染め、織り上げるという工程をすべて自身の工房でされています。

【作家産地】新里玲子さんについて
【作家産地】宮古上布について

素材
生成り×藍、茶
仕立て
盛夏
性別
男女
生地巾
(外巾)1尺2分(約38.6cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 1021500915
(夏もの)宮古上布「せせらぎ」
新里玲子
売切御礼
同柄・似寄り品のお探し、別誂え等のご相談を承ります。
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品