ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

伝統柄をすっきりと洗練された雰囲気に
コーディネートも幅広く楽しめる一品

【特集】「日本の夏 極上の上布を極める」
>>商品一覧

上布の最高峰と言われる越後上布や宮古上布を始め、北から南まで日本の風土から生まれた上布の逸品をご紹介いたします。
現在、重要無形文化財として指定される越後上布の年間生産反数は二十~三十反、小千谷縮はわずか三反程度と希少です。
限られた時期の装いだからこそ、素材にこだわり、極上の着心地をご堪能ください。


沖縄県石垣島の伝統織物 八重山上布です。

八重山上布は、宮古上布と同じく苧麻糸を素材としていて、宮古上布が紺地絣で表現されることが多いのに対し、八重山上布は白地を基調とすることが多いという特徴があります。島に自生する苧麻を原料とし多種の植物を染料とした草木染めによって織り上げられる麻織物。織りあがった布は、5月頃に天日乾燥して、「海ざらし」という、海水で色止めをすることも特徴です。

こちらは生成り地に紅露で染めた焦茶の多様な絣があしらわれた伝統的な意匠ですが、ひとつひとつが小ぶりで、全体では斜めにラインを感じるすっきりとした表情となっています。古典柄を洗練された雰囲気で楽しめます。
色、柄ともに着こなしやすく飽きの来ない雰囲気の上布です。

素材
生成り
仕立て
盛夏
性別
男女
生地巾
(外巾)約1尺8分(約40.9cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 1021500913
(夏もの)八重山上布「紅露染」
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 1,380,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 1,308,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品