ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

感性を生かした洗練されたデザインで
宮古上布に新しい風を吹き込む

正真正銘、夏の逸品。
宮古上布作家 仲宗根みちこさんの着尺作品です。
こちらは生成り地に焦茶と黒で織りなされたナチュラルテイストの格子模様です。

宮古上布は、日本を代表する上布として「東の越後、西の宮古」とも呼ばれる極上の夏着物です。
自然布の帯も最適です。夏の最高の贅をご堪能ください。


仲宗根みちこさんについて
1959年、沖縄県石垣島生まれ。伝統的な織物である宮古上布に新しい風を吹き込み、感性を生かしたモダンで新鮮なデザインの作品を作られています。1979年より3年間、沖縄本島にある沖縄県伝統工芸指導所で絣や組織織りを学んだ後、1983年にご両親の出身地であり所縁ある宮古島に移住。工房を構えられ、宮古の地でデザインから染め、織までを一貫して制作されています。 平織りが基本であった宮古上布に花織や綾織などの組織織を採り入れ、糸の自然の色を生かしつつ最近では多色使いにも挑戦し、さらに作品世界を広げられています。

【作家産地】仲宗根みちこさんについて
【作家産地】宮古上布について

素材
生成×焦茶×黒
仕立て
盛夏
性別
男女
生地巾
(外巾)1尺4分(約39.3cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 1021500907
(夏もの)宮古上布「格子」
仲宗根みちこ
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 2,800,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 2,728,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品