ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

ひと目見た宮古上布に惹かれCAから転身。
伝統に新しい感性を重ねて織り出す。

正真正銘、夏の逸品。
宮古上布作家 新里玲子さんの着尺作品です。
こちらは藍、緑、黄で織りなされた横段の絣模様。宮古島の海や森、太陽を思わせるような相性の良い3色が複雑に重なり合い、大変創作性豊かな仕上りです。
草木染料:藍、槐(えんじゅ)

宮古上布は、日本を代表する上布として「東の越後、西の宮古」とも呼ばれる極上の夏着物です。
自然布の帯も最適です。夏の最高の贅をご堪能ください。


新里玲子さんについて
宮古島で、伝統をふまえて個性を生かした上布作りに挑戦をしている作家、新里玲子さん。ひと目見た宮古上布に魅かれ、キャビンアテンダントから転身。試行錯誤を繰り返し「自分の感性を活かしたものづくり」を目標に、絣を手で括り、糸は草木で染め、織り上げるという工程をすべて自身の工房でされています。

【作家産地】新里玲子さんについて
【作家産地】宮古上布について

素材
生成×藍×黄緑
仕立て
盛夏
性別
男女
生地巾
生地巾(外巾)1尺2分(約38.6cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 1021500906
(夏もの)宮古上布「横段絣」
新里玲子
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 2,980,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 2,908,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品