ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

ふっくらとしたシボが心地よい麻着物
ランチや美術館などのお出掛けに

「寿小千谷縮」のご紹介です。

「重要無形文化財の指定条件を満たした小千谷縮」は、“経緯糸に手績みの苧麻”を使用し、“地機”で作られ、現在では制作がと大変希少で“幻の麻着物”と言われ、なかなか目にすることがなくなりました。

今回ご紹介いたします「寿(ことぶき)小千谷縮」は、“緯糸に手績みの苧麻”を含めて、“高機”で織り上げられた、こちらも大変上質な小千谷縮です。

極細の苧麻糸により実現された、高級感のある滑らかなシボ感と、ふわりとやわらかに肌に添う極上の質感。
風が身体中を抜けていく快感はやみつきになることでしょう。
夏着物の定番としての人気の気軽にお召しいただける“経緯糸ラミー糸(紡績糸)”のお品とは涼しさが全く違います。

こちらはおだやかな生成り地に赤味おびた紫の濃淡で熨斗目が織りなされたデザイン。抜け感のある軽やかで爽やかな段模様が新鮮で、ひと目で夏の涼が吹き抜ける意匠です。

極細の苧麻糸、伝統の確かな技術を踏まえながら、デザイン性はすっきりと都会的な洗練を感じさせます。
極上の風合いをぜひご堪能ください。


「小千谷縮」について

雪国越後の千年を越える麻布織りの歴史と伝統の中で、江戸時代初期の1670年頃、細い緯糸に強い撚りをかけることで綿布に細かいシボを持った小千谷縮が生まれました。現在も当時のままに一反一反を手で湯もみしてシボ出しを行っています。天然繊維の麻だけが持つ爽やかな肌さわりと縮布独特の生地は、さらさらとしたシャリ感と清涼感があり、軽く通気性にも優れています。

【作家産地】「小千谷縮」

素材
淡い紫
仕立て
盛夏
性別
女性
生地巾
生地巾(外巾)約1尺5分(約39.6cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 1021500795
(夏もの) 寿小千谷縮 「紫熨斗目」(広巾)
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 1,650,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 1,592,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品