ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

大変希少な首里花倉織のきもの
単衣仕立てか、裏地を付けて袷仕立てで

大変希少な、首里花倉織の着尺作品です。
「花倉織」は、花織と絽織をあわせた沖縄本土の伝統的な織物です。高度な技術の織物で、かつては王家・貴族専用の花織とされていた織技法です。

花倉織は、わずかに絽織が細く織り表されていますので、単衣仕立てで、単衣の季節を中心にお楽しみいただける着物です。

※通好みの着方として、袷仕立てで楽しまれる方もいます。その場合は、裏地の色が絽織から透けますので、裏地はシンプルに同系色でお仕立ていただくか、またはまったく違ったお色で遊ばれるのも楽しい取り合わせです。

こちらは淡い水色グレー地に、水色と藍で横段を織りなした涼やかな作品です。
花倉織独特の透け感と華やぎをぜひこの機会にお楽しみください。


首里の織物について
約500年にわたる琉球王府時代の首都・首里。その地で培われてきた首里の織物は、貴族や士族など高い身分の人々のための衣裳として作られ、美しく格調高い織物が創作されてきました。戦後、一度はその伝統が途絶えそうになったことがありましたが、宮平初子さんが復興に努め、復活。現在、首里の織物は七種類(首里花織、道屯織、花倉織、諸取切、手縞、煮綛芭蕉布、花織手巾)の技法が伝えられています。

素材
淡い水色グレー、水色、藍
仕立て
単衣
性別
男女
生地巾
(外巾)約1尺5分(約39.6cm)
納期
寸法確定後約40日~ ※要相談

提供

商品番号: 1020200597
(単衣仕立て)首里花倉織 草木染 藍染「段文」(広巾)
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 1,480,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 1,418,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品