ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

日本伝統工芸近畿展 入選作
草木染の鮮やかな紅色が映える生絹きもの
贅をまとう大人の夏の社交着

雑誌・メディアにて着用掲載されたため特別価格にてご紹介します。
【お仕立て有り価格】より【15%OFF】となっております。


こちらは雑誌【美しいキモノ2022年夏号】133ページに掲載されました。誌面では、女優の吉田羊さんが黒地の雪結晶柄の染帯を合わせてご着用くださっています。
現状は仮仕立てとなっております。ご着用には通常の本仕立てが必要です。


銀座もとじでは初めてのご紹介となります、宮入映さんの希少な夏の生絹(すずし)作品です。

またこちらは【令和3年 第50回日本伝統工芸近畿展 入選作品】でございます。

工芸展出品作品は、作家の思い入れが別格です。宮入映さん入魂の逸品、独特の世界観を存分にご堪能いただける作品です。
>>日本工芸会ホームページでも入選作品として掲載されています(外部リンク)


宮入映(みやいりえい)
長野県で育ち、現在は京都に工房を構える。父上は刀匠 人間国宝 宮入行平氏。30歳を過ぎてから染織の道へ進まれ、山根正平氏、吉岡幸雄氏に師事。伝統工芸展などで数々入賞、受賞。草木染の美しい色彩と配色センス、夏の生絹(すずし)ならではのハリのある透け感が魅力。

素材
白×紅
仕立て
盛夏
性別
女性
生地巾
(外巾)約1尺1分(約38.3cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 1020200527
【美しいキモノ】【お仕立て有り価格】
【令和3年 第50回日本伝統工芸近畿展】
(夏もの)浮織生絹着物「春告草」
宮入映
価格(税込):
割引価格: 1,343,000円 15%
OFF
通常価格: 1,580,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品