ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

肌で感じる心地よい質感
草木染めによる麗しいかろやかさ
日本人としての五感を呼び覚ます着物は
あなたの夏を彩る至高の一枚となってくれるでしょう
「海老ケ瀬順子展 ~記憶のかたち~」
期 間:2021年6月4日(金)~6日(日)
▲「海老ケ瀬順子展」作品一覧はこちら
▲催事詳細/ライブ配信情報等はこちら

5/30公開
個展直前、海老ケ瀬順子さんに今のご心境をお聞きして参りました
NEW▲【対談】海老ケ瀬順子さん×銀座もとじ

日本人の五感を呼び覚ます織物。
北村武資氏の下で三年半の間の修業を経て、師の教えを心に「海老ケ瀬順子の穀織」を織り続けて四十年。
一本の糸から織り成される一枚の布は、第二の皮膚ともいえるほどの心地良さで貴女を包みます。
肌で感じる極上の質感、草木染めによる麗しい彩り、ぜひご覧ください。


こちらは、 【平成29年 第51回日本伝統工芸染織展 入選作品】でございます。

工芸展出品作品は、作家の思い入れが別格です。海老ケ瀬順子さん入魂の逸品、独特の世界観を存分にご堪能いただける作品です。
▲日本工芸会ホームページでも入選作品として掲載されています(外部リンク)

【作家コメント】
作品名:「時の種」
移りゆく時、全てが連綿と続き繋がっていく有り様を表現しました。
染料:コガネバナ、藍、藤、柘榴


海老ケ瀬順子さんの代名詞ともいえる「穀織(こめおり)」。
草木染めの澄んだ色彩が光に透けて、細やかな飾り織りの模様が涼やかなリズムを奏でる、極上の夏の薄衣です。

草木染料ならではのやわらかく透き通るような色合い。
涼やかに風をはらむ薄い布地に、計算を尽くした彩りの妙と繊細な穀織模様がただならぬ風格を漂わせます。まるで幾重にも重なるような幻想的な美しさに、思わず引き込まれずにはいられません。

キラキラとした夏の光が似合う、風通しの良い絹布。まるで羽衣を纏うような、極上の夏衣をぜひご堪能ください。


海老ケ瀬順子さんについて

海老ケ瀬順子さんと穀織との出会いは、人間国宝の北村武資さんに師事されていた修行時代。 北村哲郎著の「日本の織物」に記されていた織物に魅せられたのをきっかけに「穀織」の世界へ入られたとのこと。 以降「穀織」ひと筋に、素晴らしい作品を発表し続けています。

文様が米粒を並べたように見えることからその名が付けられたと言われる「穀織(こめおり)」は、 「紗」の技法から変化した「搦(から)み織」の一種と言われ、 その昔、公家や神官の装束として用いられた、歴史ある織物を起源としています。

【作家産地】「海老ケ瀬順子」
【和織物語】「浮き立つ文様の詩情~海老ケ瀬順子の穀織(こめおり)~」

素材
ベージュ×茶濃淡×薄緑
仕立て
盛夏
性別
女性
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 1020200509_i
【6月 海老ケ瀬順子展】
【平成29年 第51回日本伝統工芸染織展 入選作品】
(夏もの)穀織絵羽「時の種」
海老ケ瀬順子
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 2,480,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 2,422,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品