ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

時を超えて漂う気品と粋
武士の裃から発達した微細な型染め模様

【1月催事】「江戸小紋展 ―武家の裃から発展した男の粋―」
会期:2022年1月28日(金)~30日(日)

>>商品一覧はこちら


『毛万筋二ツ割26本縞 黒』
「縞(万筋)」は「鮫」「行儀」「角通し」の江戸小紋三役に「大小霰」と共に加えて江戸小紋五役と呼ばれる代表的な文様です。さらにこちらは「毛万筋二ツ割26本縞」で、曲尺1寸に約26本の万筋が入るほど細かい柄を表現しています。極々細い縞には、縞と直角に“糸入れ”をしますが、その柄を型で表現することで豊かな表情が浮かび上がるおもしろみのある仕上りです。
またこちらは裄の長い男性にもお楽しみいただけるよう<広巾>で染め上げられています。
素材はシボの控えめなちりめんで、しっとりと滑らかで気持ちの良い感触が楽しめます。

江戸小紋ならではの端正な型染の静けさが、大人の遊び心を品よく演出します。
茶席や観劇、会食、家族の記念日、夜のバー、仕事上の集まりなど、幅広いシーンに楽しめます。


江戸小紋について

江戸小紋は江戸時代に武士の礼装である裃(かみしも)から発達したものです。参勤交代で江戸に集まる各藩の武士たちが自分たちの藩を象徴するため特定の柄を定めて各藩の「定め柄」としました。
江戸幕府が細かい柄の小紋を武士の公服としたこと、また華美な着物を禁止した「奢侈禁止令」が断続的に発令されたこともあり、各藩が競って微細な柄を求めるようになり、伊勢型紙の彫師、染める小紋師ともに、職人たちの手技は限界への挑戦ともいえるほど高度で卓越したものとなりました。微細な小紋柄を他の小紋と区別して、1955年に重要無形文化財保持者として小紋師・小宮康助氏を指定する際に、 他の小紋と区別をするために「江戸小紋」と呼ばれるようになりました。

【作家産地】「江戸小紋」

彫刻技法4種類について
「突彫り/錐彫り/道具彫り/引(縞)彫り」
【二代目・泉二啓太の産地めぐり】伊勢型紙のふるさと、三重県・白子町へ

江戸時代 各藩ごとの「定め小紋」について
【男のきものWEB講座】Vol.35 江戸小紋・武家の裃から発展した技術の粋

素材
仕立て
性別
男性
生地巾
生地巾(外巾)約1尺9分(約41.2cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 1015400186_i
【1月 江戸小紋展】
江戸小紋「毛万筋二ツ割26本縞 黒」(広巾)
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 330,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 257,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品