ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
EN

商品詳細

概要

「白泥大島」の発案者である益田勇吉氏
一元絣によって存在感を高めた白大島紬
椿柄をすっきりとモダンでスタイリッシュなセンスで

大島紬作家・益田勇吉さんの創作性豊かな大島紬のご紹介です。
現代の街並みに似合う引き算の美学。
ちょっとした色加減、個性のほんのひと匙の加減によってエレガントに仕上げるのが、益田勇吉さんのセンスの良さです。

一般的な大島紬の絣は「カタス式」という絣目が「T字」のような模様になりますが、それよりも絣糸が多い「一元式(ひともとしき)」は絣目が「風車型」になることで、絣部分が力強く浮きたち、存在感のある絣柄が楽しめます。

「椿園」と題されたこちらの作品は、一面に椿が織りなされた大人可愛いデザインです。花をデフォルメした幾何学的な表現が、甘めになりがちな花柄をすっきりとモダンでスタイリッシュな感性に引き立てています。
おだやかな白地に、絣は黒ではなくやわらかなねず濃淡で仕上げることで品のよいコントラストとなり、花の中央にはうっすらと藤や紅色をアクセントに添えることで、画面にあたたかみを与えています。
お洒落な花柄のワンピース感覚で。大人の上質カジュアルが楽しめる大島紬です。


益田勇吉さんについて
益田勇吉さんは、奄美大島の東に位置する喜界島の出身で、現在は鹿児島市内の工房で制作されています。いわゆる古典柄は少なく、ほとんどが益田さんオリジナルの、現代の感性に似合うようにと創作された柄行きです。すっきりと都会的で透明感があり、計算されたシンプルさが持ち味です。
また、益田勇吉さんは白泥大島を生み出された方でもあります。
長年の研究によって開発されたその技術は『白恵泥(はっけいどろ)』と称され、島津藩御用達の白薩摩焼の白土で、入来鉱山で何万年もかかってできた泥の粒子を2ヶ月かけて、徹底的に不純物を取り除いた白泥にしてから糸を染めることで、極上の白泥大島紬を作り上げました。
【作家産地】「益田勇吉」ご紹介
【和織物語】「プラチナボーイ大島紬~素材と技の幸福な出会い~」はこちらから
白泥染め大島紬の誕生・特徴について


「銀座もとじ」と「大島紬」について
創業者 泉二弘明は大島紬の故郷、奄美大島出身です。 銀座もとじがプロデュースする純国産絹「プラチナボーイ」を使用した『オリジナル大島紬』をはじめ、厳選した『銀座もとじセレクト大島紬』をご用意し、現代の街並みに似合うお洒落な大島紬スタイルをご提案します。
【銀座もとじの挑戦】「大島紬」
【作家産地】「大島紬」

素材
白、ねず、藤、紅
仕立て
性別
女性
生地巾
(外巾)約1尺2分(約38.6cm)
納期
寸法確定後約40日~ ※要相談

提供

商品番号: 1012106385
(単衣にも)大島紬 白大島「一元絣 椿園」
益田勇吉
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 580,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 482,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品