ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

大島紬の原点「龍郷柄」
伝統柄でありながら、現代的にも着こなせる
華やかな構図でパーティーにも

「漆黒の泥と華やぎの彩り~現代に映える大島紬~」
会期:2022年5月27日(金)~29日(日)

>>大島紬一覧

色:泥大島 / 白大島 / 色大島 / 藍大島
織元:前田紬工芸 / 興紬工房 / 都成織物 / 美紀大島 / 益田勇吉
伝統柄:龍郷 / 秋名バラ / 西郷
季節もの:夏大島
銀座もとじセレクト:すべて / 女性もの / 男性もの


大島紬の原点と言われる柄のひとつ『龍郷柄』の大島紬です。
「龍郷柄(たつごうがら)」は、ハブの背模様とソテツの葉をモチーフとして作られた意匠です。
風格さえ漂う龍郷柄は多くのファンがおり、支持され続ける大島紬ならではの伝統柄ですが、現代では幾何学柄として、モダンな着こなしにも人気です。

こちらは地糸を天然の染料で染めた「正藍染(しょうあいぞめ)」のじっくりと深い藍が魅力的です。

龍郷柄をよろけ縞で空間性豊かにあしらった華やかなデザインは、存在感が高く華やぎがありますので、普段使いはもちろんのこと、軽めの袋を締めてちょっとしたパーティーシーンにもおすすめです。

【和織物語】「大島紬の歴史を辿る」~龍郷柄・秋名バラ柄・西郷柄~


興紬工房について
珍しい初代の織元さんです。上の世代の職人さんからも驚かれるアイデアと、技術を生かし凝った幅広い表現の大島紬を得意とされています。伝統的な大島紬はもちろん、美しい多色づかいや絵羽の大島紬、総絣にこだわった立体感ある作風は、見事な華やかさと力強さがあります。個性的な楽しい柄行きや、パーティなどでもお召しいただける新しい時代の大島紬も多いです。興さんが手がける大島紬には、二つの思いがあります。一つは、初代代表を務める興辰雄さんによる職人としてのこだわりと、奥様のほずみさんの大島紬を愛してやまない思いです。ほずみさんとお話ししているとご自身が大島紬に袖を通すことも、お客様にお召し頂いた着姿をみることも大好きなのが伝わってまいります。二つ目は、今ある技術を生かした大島紬をつくりたいという思い。
5年後、10年後では制作できないかもしれない作品もあるそうです。分業である大島紬に関わる優秀な職人さんが揃っている今だからできる興さんの大島紬。 大島紬を愛する興さんご夫妻が、職人さんと団結し、その技術を守り継承する新しい大島紬です。


「銀座もとじ」と「大島紬」について
店主 泉二弘明は大島紬の故郷、奄美大島出身です。 銀座もとじがプロデュースする純国産絹「プラチナボーイ」を使用した『オリジナル大島紬』をはじめ、厳選した『銀座もとじセレクト大島紬』をご用意し、現代の街並みに似合うお洒落な大島紬スタイルをご提案します。
【銀座もとじの挑戦】「大島紬」
【作家産地】「大島紬」


【泥染・天然染料-お取り扱い上の注意】
泥染や天然染料(藍染・草木染等)で染色された商品は、化学染料で染められたものと比較すると、日光(日焼け)や摩擦に弱く、ご着用に伴い少しずつ変色したり、多少色落ちすることがございます。ご使用の際は水濡れ・汗・摩擦等にご注意の上、ご愛用頂きますようお願いいたします。
特に、泥大島紬や藍染のお着物に白系統の帯をご使用の際は、色移りする可能性が高いので十分ご注意ください。

日常のお取り扱いについて
■変色の原因となりますので、濡れた状態で重ねたまま長時間放置しないでください。
■食べ物の汁・果汁・調味料・油等が付着しますと、シミの原因になりますので十分ご注意ください。
※天然染料は「酸」に対して弱いものがほとんどです。
■直射日光に長時間当たると紫外線により褪色・日焼けが起こりますので、直射日光が当たる場所での長期保管はお控えください。
※蛍光灯からも紫外線は出ておりますので、蛍光灯近くでの長期保管もお控えください。

素材
仕立て
性別
女性
生地巾
(外巾)約1尺5分(約39.6cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 1012105822_i
【5月 大島紬展】
大島紬「正藍染 龍郷よろけ」
興紬工房
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 498,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 410,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品