ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

植物のみずみずしさをパステルカラーで
ワンピース感覚で楽しめる色大島

「漆黒の泥と華やぎの彩り~現代に映える大島紬~」
会期:2022年5月27日(金)~29日(日)

>>大島紬一覧

色:泥大島 / 白大島 / 色大島 / 藍大島
織元:前田紬工芸 / 興紬工房 / 都成織物 / 美紀大島 / 益田勇吉
伝統柄:龍郷 / 秋名バラ / 西郷
季節もの:夏大島
銀座もとじセレクト:すべて / 女性もの / 男性もの


こちらは、大変手間のかかる複雑な伝統の織技法「総絣」で織り上げられた贅沢な大島紬です。

「総絣(そうがすり)」とは、通常は絣糸と地糸(無地の糸)の二種類を使用するところ、すべてが絣糸で表現される大変高度な熟練の手技が求められる技法です。「総絣」にすることによって、絣部分は経緯の絣糸が重なり密度が高まり、遠目でも柄行がくっきりと浮かび上がる圧倒的な存在感と美しさを誇ります。

こちらは優しい多彩で織りなされた華やかな色大島です。 萩の花葉をあしらった植物文がみずみずしく、上品なワンピース感覚で楽しめます。


興紬工房について
珍しい初代の織元さんです。上の世代の職人さんからも驚かれるアイデアと、技術を生かし凝った幅広い表現の大島紬を得意とされています。伝統的な大島紬はもちろん、美しい多色づかいや絵羽の大島紬、総絣にこだわった立体感ある作風は、見事な華やかさと力強さがあります。個性的な楽しい柄行きや、パーティなどでもお召しいただける新しい時代の大島紬も多いです。興さんが手がける大島紬には、二つの思いがあります。一つは、初代代表を務める興辰雄さんによる職人としてのこだわりと、奥様のほずみさんの大島紬を愛してやまない思いです。ほずみさんとお話ししているとご自身が大島紬に袖を通すことも、お客様にお召し頂いた着姿をみることも大好きなのが伝わってまいります。二つ目は、今ある技術を生かした大島紬をつくりたいという思い。
5年後、10年後では制作できないかもしれない作品もあるそうです。分業である大島紬に関わる優秀な職人さんが揃っている今だからできる興さんの大島紬。 大島紬を愛する興さんご夫妻が、職人さんと団結し、その技術を守り継承する新しい大島紬です。


「銀座もとじ」と「大島紬」について
店主 泉二弘明は大島紬の故郷、奄美大島出身です。 銀座もとじがプロデュースする純国産絹「プラチナボーイ」を使用した『オリジナル大島紬』をはじめ、厳選した『銀座もとじセレクト大島紬』をご用意し、現代の街並みに似合うお洒落な大島紬スタイルをご提案します。
【銀座もとじの挑戦】「大島紬」
【作家産地】「大島紬」

素材
多彩
仕立て
性別
女性
生地巾
(外巾)1尺4分(約39.3cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 1012105718
【5月 大島紬展】
大島紬 色大島「総絣 萩文」
興紬工房
売切御礼
同柄・似寄り品のお探し、別誂え等のご相談を承ります。
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品