ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜18:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
ウェブ会員の方はいつでも《5%OFFクーポンコード:motoji》をご利用になれます。今ならメルマガ登録で15%OFFクーポン進呈!

商品詳細

概要

“白泥大島”の発案者であり
銀座の街並みに映える大島紬を追い求める
あなたの心躍る一枚になることを願いながら

大島紬作家・益田勇吉さんが開発した極上の白泥染技法『白恵泥(はっけいどろ)』によって制作した、こだわりの大島紬のご紹介です。

白恵泥ならではの自然な白地に、黒色の蚊絣を点々を織りだし伝統の秋名バラ文様をあらわしたデザイン。大島の伝統文様が軽やかに、モダンに、色鮮やかに生まれ変わったような新鮮な印象の一品です。

シンプルなデザインだからこそ、色選びでこだわり差を付ける。着やすさは抜群でありながら、さりげなくもしっかりと個性を秘めたこちらの色絣の大島紬は、シンプル好みの方から、お洒落通の方まで自信をもっておすすめできるお品です。風合いも一度手にしていただけましたら、大島紬とは思えないしっとりとした滑らかさにきっと驚いていただけることでしょう。大変おすすめのひと品です。


オリジナル大島紬「色絣の蚊絣」について

時代を越えて、ずっと愛されてきた“蚊絣”模様。

帯で遊ばれるシンプル好みの方にも絶大な人気のある柄行ですが、こちらはそこへ少しひと工夫をほどこしました。

大島紬の蚊絣は泥染の黒い絣が通常ですが、こちらをさらに“お顔映り明るく、お洒落に見えるように!”と創作したのが、今回ご紹介いたします“色絣の蚊絣”の大島紬です。


益田勇吉さんについて

益田勇吉さんは、奄美大島の東に位置する喜界島の出身で、現在は鹿児島市内の工房で制作されています。いわゆる古典柄は少なく、ほとんどが益田さんオリジナルの、現代の感性に似合うようにと創作された柄行きです。すっきりと都会的で透明感があり、計算されたシンプルさが持ち味です。

また、益田勇吉さんは白泥大島を生み出された方でもあります。

長年の研究によって開発されたその技術は『白恵泥(はっけいどろ)』と称され、島津藩御用達の白薩摩焼の白土で、入来鉱山で何万年もかかってできた泥の粒子を2ヶ月かけて、徹底的に不純物を取り除いた白泥にしてから糸を染めることで、極上の白泥大島紬を作り上げました。

その特別な染技法によって、軽くてしなやかな風合い、そしてまろやかな白へと変貌した上質な風合いが実現されたのがこちらの作品です。

白泥染め大島紬の誕生・特徴について


プラチナボーイについて

【プラチナボーイ】は37年かけて日本の研究者が開発した、世界で初めてオスだけの繭から作られた特別な絹。銀座もとじが繭からプロデュースし、すべての商品に作り手たちの詳細を記し、履歴のわかる“純国産”のものづくりを進めています。2015年には『農林水産大臣賞』を受賞。その開発から、養蚕、製糸、染織、着物につくられるまでを追ったドキュメントは一冊の本『天の虫 天の糸』に綴られています。

【和織物語】プラチナボーイ物語「天からの贈りもの」


「銀座もとじ」と「大島紬」について

店主 泉二弘明は大島紬の故郷、奄美大島出身です。“大島紬の復活と可能性” を信じ、2012年2月、念願の「大島紬専門店」を開店。2017年には “銀座に機音を響かせたい” というもう一つの夢が実現し、奄美大島から織り手を迎え、織機を構え、「銀座生まれの大島紬」の制作がスタートしました。

銀座もとじがプロデュースする純国産絹「プラチナボーイ」を使用した『オリジナル大島紬』をはじめ、厳選した『銀座もとじセレクト大島紬』をご用意し、現代の街並みに似合うお洒落な大島紬スタイルをご提案します。

「銀座もとじ 大島紬」ウェブサイト

素材
黒×白
仕立て
性別
男女
生地巾
生地巾(外巾)約1尺1分(約38.2cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 1012105277_i
【春色・春単衣】
大島紬 白泥「色絣 秋名バラ 白×黒」
益田勇吉
商談中
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品