ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

希少な練貫の熨斗目
エレガントな紫彩が大人の気品を演出
特別な観劇、オペラやコンサートへ

北九州市の豊前小倉に工房を構えられている、日本工芸会正会員 染織家 築城則子さんの希少な練貫の絵羽紬作品です。

「練貫(ねりぬき)」とは、室町時代から織られている織物で、経糸には生糸(きいと)を用い、緯糸には練糸(ねりいと:生糸を精練してセリシンという糊状のたんぱく質を除いた、光沢のあるしなやかな糸)を用いて織った織物のことです。さらりとした質感と光沢感が美しく、着姿を華やかに演出します。

こちらはエレガントな香りが漂う紫彩の大胆な熨斗目が目を引く絵羽紬。パーティーシーンにも唯一無二の存在感を放ちます。
特別な観劇やオペラ、コンサート、趣味の集まりのパーティーシーンへ。やわらかもののフォーマルとは違った趣味性豊かな着物姿をお楽しみいただけます。


築城則子さんについて

築城則子(ついきのりこ)さんは、1984年(昭和59年)に小倉織を復元された作家です。
小倉織とは、江戸時代の豊前小倉藩(現在の福岡県北九州市)に人気を博した縦縞の柄が特徴の、良質な生綿の糸を撚り合わせて織られた大変丈夫で上質な木綿の織物です。

江戸時代に盛んに織られ、武士の袴や帯として人気を博していた小倉織は、幕末の戦乱の中で生産者たちが離散し、衰微していきました。明治26年頃になると、再び小倉織の人気が高まりはじめ、その丈夫さを活かして、学生服の布地として、再び大変な人気を得るようになりました。しかし、手間とコストのかかる手工業である小倉織は、1901年(明治34年)に起こった金融恐慌の余波などにより大正期に入ってから再び衰微し、その後、昭和初期には小倉織は途絶えてしまったのです。

染織の勉強のためにあちこちの骨董屋さんに通っていた築城則子さん。北九州市内の骨董店で見たこともない古い小さな布に出会いました。その布は、しっとりとした手触りをしており、縞模様で、木綿の生地でありながら絹のようにも思える光沢を放っていました。その布が“小倉織”。経糸に色の濃淡でくっきりとした縞模様が浮かび上がる小倉織のなめし革のような質感、光沢感、丈夫さ。この織をぜひ復元させたいと思い、研究を重ね、1984年(昭和59年)、その復元を果たします。2007年(平成19年)、小倉織を販売する「遊生染織工房」を開設してからは、2007福岡産業デザイン賞の大賞など、数々の受賞を重ねられています。

【作家産地】「築城則子」のご紹介はこちら
【和織物語】「縞が奏でる音色 ― 築城則子の小倉織」
2015/06/06 築城則子ぎゃらりートーク

素材
薄紫
仕立て
性別
女性
生地巾
(外巾)1尺5分(約39.6cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 1011200865
絵羽紬 練貫 熨斗目(広巾)
築城則子
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 1,680,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 1,590,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品