ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

ゴブラン織ならではの風格ある華やぎ

知的で洗練された雰囲気は
洋装との集いにもおすすめ

珍しいゴブラン織りの訪問着のご紹介です。

フランス王・アンリ4世の時代に創設された織物工房が、その後ゴブラン家によって管理され、盛んに織られたことから、ゴブラン織と言われるようになった織物です。日本にも輸入されたゴブラン織は、京都・祇園祭の鉾を飾る装飾品となり、400年も経った今でも用いられています。

西陣で織られるゴブラン織は、模様を織り出す装置をつけた織機で織り出した織物(ジャガード織)のことを意味し、緯糸は表面に出ず、経糸のみで文様が表現されます。

緻密な亀甲文が市松ぼかしで変化する美しく繊細な意匠。ベージュ、金茶、緑の落ち着いたお色味で構成されていますが、光沢感と陰影感にあふれた独特の奥行のある華やかな織の表情が魅力的です。

しなやかでありながらしっかりとした風合い。指触りも大変滑らかで、身体のラインに自然と添う、絶妙な織感をお楽しみいただけます。

華やかな帯が映えるゴブラン織りの訪問着。祝賀会やご挨拶周り、少し改まったお食事会など幅広いシーンでお楽しみいただけます。

素材
ベージュ×金茶×緑
仕立て
性別
女性
生地巾
生地巾(外巾)1尺1分(約38.3cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 1010603378
織訪問着「ゴブラン織 亀甲市松」
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 780,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 700,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品