ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

文様と文様の余白、それが江戸小紋の命
型の極小美を粋でいて深みがある上品な一枚に
人と時を敬いながら、今日を装う

藍田正雄さんは2017年夏に永眠されました。藍田さんには2007年、銀座もとじが繭づくりから取り組んでいる国産最高品質の絹布プラチナボーイを染めていただく第一号をお願いしたり、店主 泉二の男のロマンに多大なるお力をくださいました。最後の渡り職人、江戸小紋師 藍田正雄さんの粋を一人でも多くの方々にご覧いただけますよう、心より願っております。

こちらは、柿渋染(石灰汁媒染)で仕上げられた紬地に、江戸小紋を染めた作品です。縦横に焦茶の糸が織り込まれたさらりとした紬地は、わずかにところどころ節糸がある味わい深い洒落た生地です。

染められたのは「三筋傘」。格子柄に、番傘のモチーフがリズム豊かに表現された、趣味性香る通好みなデザインです。

色柄、素材ともに随所に選ばれる方の個性が感じられるこだわりの一枚として、お着物好きの方々にもご注目いただけそうです。


江戸小紋師 藍田正雄さんの手による、細微な美の世界。

幾度目にしても、その技術はけっして色褪せることはありません。 時代を超えて、年齢を超えて、男女を超えて、愛される。 礼装用にもお洒落用にも使える「粋」な着物。 長く召すことができるからこそ、よきものをお求めいただきたいと思います。

最高の技で染め上げられた美しさ。必ずやご満足いただける見事な江戸小紋作品です。


藍田正雄さんは最後の「渡り職人」と言われていました。染めが現在よりも盛んだった頃、本場・東京のたくさんの工房を渡り歩き、多くの職人からその技を学んだ経験の豊富さ。伝統の技法を踏まえる正統派の作品を作り上げ、そこへ「うずらぎ」「板引き杢」など藍田さんならではの新しい技法を取り入れる挑戦力。技術は繊細さを求められる縞柄でもっとも生かされ、藍田さんが染め上げる「毛万二割」は一見の価値があると言われました。

工房は群馬県高崎市。自身の作品制作と同時に後継者育成にも確実な結果を残された、江戸小紋の第一人者。匠の技術と感性の素晴らしさもさることながらその温かなお人柄も魅力的でした。

そんな藍田さんがライフワークとして取り組んできたのが、江戸小紋の型紙となる“伊勢型紙”の保存・育成事業でした。常に“現代に生きる技の伝承”を思い、「江戸小紋」という自分が小紋師の職人として人生をかけた技の世界を現代に残すため、そして自分が最高の仕事をするために、自ら伊勢に足を運び、型彫り師と本音で向き合ってきました。

ぜひ、藍田さんのの素晴らしくほれぼれする技術をご覧ください。お手元にてじっくりと、お確かめいただきたいと願う作品です。

藍田正雄さんにつきましては、以下もお読みください。 取り扱わせていただけることを誇りに思う作品でございます。

『和織物語』小紋師 藍田正雄 江戸小紋に懸けた熱い想い
藍田正雄さんと伊勢型紙、そして彫師との歩みについて


見るほどにほれぼれする技術とはこのようなものを言うのでしょう。如何にして、この細かな文様を染め上げたのか。一瞬の集中力と、根気、さまざまな工房を渡り歩き、数々の職人から感覚を知り、身に付けられた技。身にまとえる喜びが肌に吸い込まれる、最高の贅をご堪能ください。

素材
墨茶
仕立て
性別
女性
生地巾
生地巾(外巾)約1尺(約37.8cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 1010501441
江戸小紋 紬 柿渋染「三筋傘 墨茶」
藍田正雄
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 880,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 810,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品