ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

親愛なるものへの細やかな配慮
一本の糸は艶めき、一色は輝く
草木の旋律よ あなたへ届け

長野県飯田市の染織作家 下井伸彦さんの柳染め紬のご紹介です。

【作家コメント】
銀座の柳という響きより創造する色と共に広がる「粋」を表現しました。


さらさらとした風合いで、光沢もあり上品な素材感が楽しめる一枚。
「袷」はもちろんのこと風合いとお色目から「単衣」にもとてもおすすめです。

極淡い柳色の地に、緯糸はピンクや緑、黄色で彩られ、経絣の大きな市松模様が浮かびあがります。通常の市松模様よりもやわらかい印象となり、すっきりと洗練されたセンスで都会的に楽しめる着物です。

染めには銀座の柳、藤も含まれています。

下井伸彦さんならではの絶妙な色加減。草木染めの自然のぬくもりと、現代の街並みに似合うモダンな感性をぜひお楽しみください。


下井伸彦さんについて

信州・飯田に工房を構える、下井伸彦さん。東京でテキスタイルデザインを勉強された後、お父様をついで飯田に戻り、染織の道へ進まれました。下井さんの工房には、糸繰機から手機まで、製織のためのさまざまな機械が揃っています。染織作家の方でも、これほど糸作りの段階からご自身で取り組まれている方は珍しいことでしょう。糸作り、草木による染色、織りまですべて手掛けられています。

下井さんの魅力は糸からのこだわりだけではありません。微妙な色加減や細やかな部分の柄行のセンスにとても人気がございます。これはテキスタイルデザインを学ばれた時の色の感覚、柄の感覚が今でも好きで、それを生かしているからなのだそう。無地感覚であるのにさりげなく柄を含めたり、微妙なニュアンスカラーであったり、主張を存分にするのではなく、控えめながらセンスの高い仕上がりは、洋装の方も集う現代の着物シーンにも似合う着物です。

弊店40周年の際に下井伸彦さんからメッセージをいただきました


銀座の柳染めについて

「銀座の柳染め」は、銀座に店を構えた店主・泉二の熱い想いから生まれた、草木染めのオリジナル作品です。銀座の風景として有名な「柳」を、毎年5月に中央区が刈りとるものを特別に分けていただき、作家さんや全国の産地とともに、銀座の息吹を大切に込めて創作しました。

『銀座の柳染め 銀座にまつわる着物づくり』 

素材
極淡い柳色×ピンク×緑×黄色
仕立て
性別
男女
生地巾
生地巾(外巾)1尺2分(約38.6cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 1010203547_i
【銀座もとじオリジナル】
【銀座の柳染】
下井紬「破れ市松 まるまなこ」
下井紬
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 398,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 310,000円
商談中
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品