ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

琉球王朝が愛した花織
古典のモチーフを組み合わせ、現代の色で織り出した美しい1枚
シックな中にも、花織の女性らしさが光ります
お食事会やお出かけに

読谷山花織のご紹介です。
かつて王族や貴族のみが着用を許されていたという、首里や与那国の花織のきもの。 各産地は独自の花織、浮織の技法を確立しました。 身に纏うことで経糸、緯糸の重なり合う美しさに立体感が生まれ、花織が生み出す華やかな色景色を奏でます。

こちらは伝統的な読谷山花織を品の良いすっきりとしたセンスで作り上げた洗練されたデザイン。
紺地に、爽やかな水色と白、黄緑と赤の縞、黄色の花が透明感のある色差しに。斜めに交差するピンクとブルーグレーの格子柄もリズミカルで、重くなりがちなシックな地色を軽快に清々しく出しています。

色味が抑えられていることで花織の愛らしさが甘くなりすぎず、大人っぽくお召しいただける一品です。


「読谷山(よみたんざん)花織」について

沖縄の代表的な織物のひとつ。東南アジアと直接交易を行っていたと言われる読谷山花織は色柄や技法に南方色が強いと言われ、大きく分けて二つの織り方があります。ひとつは「手花(ディバナ)織」といい「平織りの地に別糸を織り込み、刺繍をしたように花の文様を織り出す」方法で、比較的自由な柄が作りだせます。もうひとつは「綜絖(ヒャイバナ)花織」といい、綜絖を使って緯糸を浮かせることで文様を出します。どちらも花文様は、「銭玉(ジンダマ)」「風車(カジマヤー)」「扇花(オージバナ)」を基本にしています。

この三つの花文様はそれぞれ、琉球の方々の温かな気持ちが込められています。
「銭玉」・・お金に困らずに生活していけるように
「風車」・・長寿のお祝いには必ず使う
「扇花」・・末広がりで子孫繁栄

素材
紺×水色×白×黄緑×赤×黄×ピンク×ブルーグレー
仕立て
性別
男女
生地巾
生地巾(外巾)9寸8分(約37cm)
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 1010203541_i
紬「読谷山花織 紺×水色×白×黄緑×赤×黄×ピンク×ブルーグレー」
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 730,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 642,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品