ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

国の重要無形文化財・久米島紬
十の字、立涌文様、裄72cmまで
雑誌掲載割引15%適用品

【こちらは、2020年12月21日(月)のインスタライブでご紹介しました】
インスタグラム銀座もとじ公式チャンネル

こちらは雑誌掲載されたお品です。
撮影・着用品のため、定価より【15%OFF】にてご紹介いたします!

誌面では男性にお召しいただきましたので、現在は男性用で仮仕立てとなっております。ご着用には通常の本仕立てが必要です。

《掲載割引15%OFFクーポンコード: motoji15 》をご注文の際にご入力ください。


※工芸ライター 田中敦子さんが久米島へ同行、現地のものづくりの様子を綴っていただきました。「久米島紬」についてはぜひこちらもご覧ください。
【和織物語】「久米島紬 ~自然の恵みとユイマールの心~」


久米島紬は、図案、染め、織りまでの全工程を一人で担うのが特徴です。島に自生する草木や泥で染め、伝統の絣柄を使用し、砧打ちによりしなやかな艶を生み出します。一反ごとに作り手の個性がありますので、ぜひお気に入りの一枚に出会ってください。


「久米島紬」について

2004年に国の重要無形文化財に指定された久米島紬。
沖縄本島から西へ100キロのサンゴ礁の海に浮かぶ島で、島内の豊かな自然の恵みを活かし彩り豊かに織られる伝統的な織物です。
久米島には古くから養蚕技術が伝わり絹織物が作られていましたが、琉球王朝時代に全国から技術者が派遣され貢納布として発展。江戸では「琉球紬」の名でもてはやされたといわれます。
伝統の技法を今も守り、図案、染料作り、絣くくり、糸染め、織りの全工程を一人が一貫して行うのが特徴で、一反ごとに作り手の個性が反映され心癒される味わいがあります。
1970年に久米島紬事業協同組合が設立され、久米島紬の技術を後世に継承していこうと島全体が一丸となって後継者育成に力を入れています。

【作家産地】久米島紬のご紹介はこちら

素材
黒×赤茶
仕立て
納期
寸法確定後約40日

提供

商品番号: 1010203187
【15%OFF】【雑誌掲載】
【インスタライブ紹介品】
久米島紬 着尺 泥染 焦げ茶
糸数京美
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 480,000円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 392,000円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品