ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ

商品詳細

概要

月の満ち欠けをイメージしたモダンなデザイン
玉虫色のような奥行のある発色が美しい
表裏柄が同じで、単衣にもおすすめ

大正から昭和初期にかけて大人気を博した銘仙。大胆な柄行は選ばれる方の個性を演出します。
こちらは国指定伝統的工芸品である埼玉県の「秩父銘仙」。「ほぐし織(ほぐし捺染)」の技術により自由な柄行が表現された楽しい着物です。

「ほぐし織」は、経糸にあらく緯糸を仮織りした上に型染めをし、製織する伝統の技法です。仮織りした緯糸を手でほぐしながら織っていくことからそのように呼ばれています。
独特の織技法により、表裏の柄が同じに仕上り、玉虫色のような奥行のある発色が楽しめます。

こちらは月の満ち欠けをイメージしたモダンなデザイン。
しっとりと深い青の濃淡と、遠目で浮かび上がる美しいリズムが新鮮です。

袷、単衣どちらにもおすすめの着物です。

素材
青濃淡
仕立て
性別
女性
生地巾
(外巾)約1尺5分(約39.7cm)
納期
寸法確定後約40日~ ※要相談

提供

商品番号: 1010103956
秩父銘仙 ほぐし織「満ち欠け 青濃淡」(広巾)
お仕立て有り価格(税込):
通常価格: 254,500円
お仕立て無し価格(税込):
通常価格: 166,500円
ご購入前のお手元確認を
ご希望の場合はこちら
お手元確認について、詳しくはこちらをご覧ください
※1点限りのため、先着順にご紹介させていただきます。売り切れの際はご容赦ください。

その他の商品