プラチナボーイを支える作り手たち

プラチナボーイを支える作り手たち

2007年春、世界初、オスだけの繭から紡がれる、夢の生糸が誕生しました。
それが、純国産の新蚕品種「プラチナボーイ」です。

「プラチナボーイ」の商品は、研究機関、養蚕農家、製糸、染色、製織といった ものづくりにおける全工程の履歴を記しています。 しかしこれは単に履歴を記しているだけではありません。 研究機関から製織までを一貫した“チーム”として捉えることで、 今まで個々で完結していたものを、相互に理解をする場を持ち、情報を伝え、 各部門のプロたちがこれまで以上に よりよい“純国産絹”を生産していこうという動きが生まれています。 その一貫した流れをプロデュースしているのが【銀座もとじ】です。

「プラチナボーイ」のものづくりは 『天の虫 天の糸』 という一冊の本となり、 中学校の指定図書にもなりました。 また2008年には 『純国産絹マーク使用許諾(表示者登録番号011)』 も取得しています。

純国産生糸の国内需給率が5%未満という現状に向い打つべく、 価値のある純国産生糸をつくりたい。 養蚕業に携わる人々の夢がひとつの“チーム”を生み出しました。

かかわる誰もが大きな夢と誇りを持ち、胸を張って皆様にお届けできる。 そんなものづくりを目指して、「プラチナボーイ」の製品はこれからも進化し続けます。

作り手の紹介

大日本蚕糸会 蚕業技術研究所 大沼昭夫
大日本蚕糸会 蚕業技術研究所 大沼昭夫

養蚕農家

石川浩さん夫妻
石川浩さん夫妻
増田康治さん夫妻
増田康治さん夫妻
谷田部尅詮さん夫妻
谷田部尅詮さん夫妻

結城紬

上野みつ子 結城紬製織
上野みつ子 結城紬製織
佐藤米子 結城紬真綿掛
佐藤米子 結城紬真綿掛
須藤光江 結城紬糸取り
須藤光江 結城紬糸取り
水野糸店 結城紬糸取り
水野糸店 結城紬糸取り
大久保雅道 染色
大久保雅道 染色

大島紬

益田勇吉 大島紬製織
益田勇吉 大島紬製織