二代目 泉二啓太 主な活動

二代目 泉二啓太の活動やメディア掲載情報をまとめています。最新情報はインスタグラムでも発信しています。
泉二啓太 インスタグラム @keitamotoji

(1)メディア情報
(2)最近の活動
(3)二代目 泉二啓太プロフィール

(1)メディア情報

テレビ

BS朝日「Fresh Faces ~アタラシイヒト~」

■2017年12月
NHK総合テレビ 情報番組『シブ五時!』 単独密着取材とスタジオ生出演をさせていただきました。

■2018年
日テレ系 情報バラエティ番組『ヒルナンデス!』 銀座特集にてご紹介いただきました。

■2018年 
NHK BS プレミアム『美の壺・選』「参上!キモノ男子」でご紹介いただきました。


WEB

■メンズプラス KIMONO 基本の「き」
その壱:「キモノを着たくなった日」
その弐:故・藍田先生からの言葉「金は錆びない」を懐に

■《現在連載中》エスクァイア・デジタル「銀座もとじ」二代目 泉二啓太の「失われた粋を求めて」
【Season1】石津塁さん『石津家が伝えたかったこと』
エピソード1  エピソード2  エピソード3  エピソード4
【Season2】村雨辰剛さん 『文化としての粋』
エピソード1  エピソード2

CNN「Great big Story」
アメリカのテレビ局CNN系列の動画コンテンツ「Great big Story」で奄美大島の大島紬を特集し、銀座の街並みとともに大島紬の魅力を紹介しました。

HanakoTOKYO

■PremiumJapan
希少な蚕から作る、自分だけのきもの

■PLUG Magazine
I REP LOCAL -Tokyo-泉二 啓太(銀座もとじ 二代目)

■KIMONO NIPPON
インタビュー KIMONO LOVERS

■レアニッポン
「男きものの所作を学ぶ」


新聞、雑誌

■2016年 雑誌「NumeroTOKYO」Vo.97
■2016年 雑誌「ミセス」1月号
■2015年 雑誌「Nice things」11月号 NEIGHBORS
■2017年 雑誌「美しいキモノ」きものコラム(全4回)
■2017年 雑誌「GINZA」No.239
■2017年 雑誌「Pen」5/1号
■2017年 雑誌「婦人画報」11月号
■2017年 新聞 連載コラム「今キモノ」(全4回)
■2018年 雑誌「PLUG」Vo.51
■2019年 雑誌「美的GRAND」Vo4
■2019年 雑誌「Domani」 8.9月号


(2)最近の活動

啓(ひらき)のもと~次世代にむけた、伝統文化を繋ぐ参加型プログラム

二代目 泉二啓太が案内人となり、これからを担う世代にむけて、伝統文化にめぐり逢う機会を提供していきます。作り手・アーティストと交流し、伝統文化の歴史や技術、取り組みに触れていただきながら、新たな発見を導く未来創造型プロジェクトです。

《YouTube公開中》
開催時の動画をご覧いただけます


男のきものオリジナルコレクション

着物をワードローブの一つとして日常のファッションに取り入れていただきたいという思いから、二代目 泉二啓太を中心に2015年よりオリジナルコレクションを展開。作り手とともに、日本の伝統技法を用いて今の時代にフィットした着物を制作しています。

Art direction / Graphic design: Naonori Yago
Photograph: Yuji Hamada
Hair & Make-up: Keitaro Hashi (Hair Moija)

GINZA MOTOJI × Kanta Desroches

銀座もとじ創業40周年を記念し「繋がり」をテーマに、「銀座もとじ」とグラフィックアーティスト「Kanta Desroches(カンタ・デロシュ)」によるダブルネームの風呂敷を制作しました。

対談《前編》カンタ・デロシュ×泉二啓太

対談《後編》カンタ・デロシュ×泉二啓太


(3)二代目 泉二啓太プロフィール

1984年、東京都生まれ。「銀座もとじ」二代目。
高校卒業後に渡英、ロンドンの大学でファッションを学ぶ。
その後、1年間パリへ渡り6年間の海外生活を経て、2008年に帰国。
2009年に株式会社 銀座もとじへ入社。現在、取締役常務。
日本全国の産地、作家、作り手とお客様を結ぶ懸け橋を担う。
業界初・男の着物専門店「銀座もとじ 男のきもの」のオリジナル商品のクリエイティブディレクターを務め、商品の企画から開発、ヴィジュアル制作まで全てを手掛ける。
また、銀座もとじがプロデュースする“一本の糸からのものづくり” として、世界初 雄だけの純国産蚕品種「プラチナボーイ」の取り組みの一つ、お客様が着物づくりの全工程を体験・見学できるプロジェクト「プラチナボーイ物語」を手掛ける他、銀座の泰明小学校にて、「銀座の柳」を使った『銀座の柳染め課外授業』なども行い、日本のきもの文化を若い世代や海外にも広げる活動を行っている。