上原美智子さんからのメッセージ

生きることを いとおしむ
生活を    いとおしむ
暮らしを   いとおしむ
日々を    いとおしむ
一瞬を    いとおしむ

あるいはサティの音楽のように
人生の一番のごちそうは自由
ささやかだけれど 大切なもの
小さいけれど   積み重なると大きくなるもの
少ないけれど   豊かなもの

今ほどこれらのことに思いを巡らす
時を持てたことはありません

令和2年4月21日
上原美智子


今日の店主
左から、店主・泉二、上原美智子さん、外舘和子さん
九寸名古屋帯 草木染「あけずば織 たてわく織」

上原美智子さんのご紹介

1949年沖縄県那覇市生まれ。
玉川学園女子短期大学では幼児教育を専攻、美学の教員の教えで日本民藝館を知り、沖縄の古い染織、やきものに魅了され、沖縄の伝統文化を見つめ直す。21歳より柳悦博氏に師事し織物の世界へ。その後、沖縄へ戻り、大城志津子氏に沖縄の伝統的な織物技法を学び、1979年に「まゆ織工房」を設立。
一頭のお蚕さんが吐き出す一本の糸、僅か3デニール、幻の一枚の布を全身全霊で織り上げます。沖縄で蜻蛉の羽を意味する「あけずば織」と名付けられた織りは絹の光沢の陰影が眩く美しい。
「染織へのかわることのない情熱と感謝、森羅万象、全てのものに対しての敬意と感謝、目に見えるものは織物、布だが、全て私の思想から生まれてきたもの」、時代に誠実に向き合う姿は孤高の人、その創造的なものづくりに世界が注目し、国際的な展覧会でも高い評価を得られています。
2019年 銀座もとじ和織 初個展

1990年 インターナショナル テキスタイルデザインコンテストにて
   「イケド賞」「ファッション振興財団賞」受賞/東京
1998年 海外展「現代日本染織展」ニューヨーク近代美術館(MoMA)/米国
2000年 東京近代美術館工芸館 永久コレクション
2001年 個展 佐喜間美術館/沖縄
2013年 グループ展「第5回 吉左衛門Ⅹ」佐川美術館
2017年 グループ展「交わるいと(あいだ)をひらく術として展」広島市現代美術館

和織物語はこちら

空間に溶けゆく布 ― 上原美智子のあけずば織 | 和織物語
空間に溶けゆく布 ― 上原美智子のあけずば織

上原美智子さんの作家ページはこちら

第8回まとめページはこちら

これまで届いたメッセージの一覧はこちら