Vol.44 「湯のし」と「湯通し」~着物の仕立て~|男のきものWEB講座

男のきものWEB講座

「湯のし」と「湯通し」

「湯のし」とは、反物に蒸気を当てて繊維を柔らかくして皺を伸ばし、反物幅を均等に揃えるための加工のことで、狂いを最小限にするため、仕立てる直前に行われるのが一般的です。

一般に先染めの着物地は湯通しを、後染めの着物地では湯のしを施します。こうした湯のし加工は下の写真のような専用の機械で行うものと、昔ながらの手作業によるものとがあり、現在ではほとんどの場合機械で行うのが一般的です。

湯のし用の機械の一例
湯のし用の機械の一例

ちなみに、「湯通し」とは、着物を仕立てる前に織物の生地をぬるま湯に浸して付着した糊成分を取り、柔らかくするとともに、あとで収縮することを防ぐために行う作業のことで、反物によってはこの作業を実施済みのものもあります。特に木綿の着物の場合は、収縮率が大きいため、湯通しなしで仕立てると想像以上に丈が短くなってしまいますのでご注意ください。着物の特性の一つとしておさえておきましょう。