Vol.42 ~着物の仕立て~のまとめ|男のきものWEB講座

男のきものWEB講座

着物の仕立て

「仕立て」が着心地を左右するといわれます。男のきものでは業界初の「仮縫い」を行い、本仕立てを行う前に細部の誤差を確認します。
最高の着心地と満足を得るため、ぜひ仕立てにもご注目ください。

仕立てが着心地を左右する

着物というのは、洋服のように仕立て上がってすぐに着られる状態ではなく、生地を選んで仕立てる完全なオーダーメイド商品です。もちろん一部には完成品状態で販売されるものもありますが、プレタ浴衣などはどちらかというと例外品といえます。そうした着物の着心地とは、仕立ての具合で決まるといっても過言ではありません。この仕立ての具合と正しい着方との絶妙なコンビネーションが生み出すものといえるでしょう。
仕立てが着心地を左右するはこちら

「湯のし」と「湯通し」

「湯のし」とは、反物に蒸気を当てて繊維を柔らかくして皺を伸ばし、反物幅を均等に揃えるための加工のことで、狂いを最小限にするため、仕立てる直前に行われるのが一般的です。
「湯のし」と「湯通し」はこちら

居敷当て(いしきあて)

「居敷当て(いしきあて)」は、単仕立てのお尻部分を補強するために裏から縫いつける布のことをいいます。表の着物生地の種類に適した生地を選びますが、一般に木綿の着物や浴衣には晒し木綿や新モスの木綿生地を、正絹の着物には羽二重の胴裏生地や表地の余り布を使用します。
居敷当て(いしきあて)はこちら