Vol.37 御召・徳川家の着物(御召料)~男の着物 商品紹介~|男のきものWEB講座

男のきものWEB講座

御召 ~徳川家の着物(御召料)~

「御召(おめし)」は御召縮緬の略称で、通常の縮緬と違い、糸の状態で精錬してから先染を行った後で織って作られる、先練り織物の代表です。その細かな独特のシボの様子と生地の風合いは縮緬生地とはまた異なります。

御召の名は、徳川十一代将軍の徳川家斉が好んでお召しになり、徳川家の着物(御召料)としたことからその名がついたと言われています。当時、家斉が着たものは柳条縞緬(りゅうじょうちりめん)という縞御召の起源ともされる種類のものでした。

現代の御召は、フォーマルにもおしゃれ着にも幅広く年齢を問わず愛用されています。初めての着物として最初の一枚に選ぶ方も多く、お茶席用の着物としても需要の高い一枚です。男物では準礼装の装いとしても利用され、柔らかすぎず、硬すぎず、とてもしなやかな着心地が楽しめますので、大変人気の高い着物です。