Vol.20 長着・いわゆる”着物のこと”~男性着物の一揃え~|男のきものWEB講座

男のきものWEB講座

長着 ~いわゆる”着物のこと”~

現在では「着物(きもの)」といえば、和服・和装全体のことを意味する場合も多々ありますが、和の衣類の一つを指して「着物(きもの)」といえば、普通は「長着(ながぎ)」のことをいいます。「長着(ながぎ)」とは、男物、女物ともに足首が隠れる長さの丈の着物のことをいい、現在の形の原型は、一般に室町時代の小袖に始まるものとされています。長着は、身頃・衽(おくみ)・袖・衿によって構成され、前を打ち合わせて帯を締めて着用するという点においては男女共通ですが、男物の長着は、女性の長着とは仕立て方において一部異なる部分があります。

第一に男物の長着は「対丈(ついたけ)」に仕立てます。男物のきものは、女物のように「おはしょり(きものの身丈の余りを腰の所でたくし上げて着ること)」をとって着ないため、仕立てられた長さがそのまま着丈に近い寸法となります。つまり、男物は着丈(帯を締めて着付けた状態の裾までの長さ)と身丈(着物を仕立てた時の長さで、肩山から裾までの長さ)がほぼ同寸(通常は帯を締めると若干裾が持ち上がるため、実際には着丈<身丈となるように仕立てます)となっており、これを「対丈」と呼び、男性の着物では、女性の「おはしょり」の代わりに、「内揚げ(うちあげ)」といって、余った布を内側にタックを取るようにして折り込み、はじめから縫い込んで仕立てておくという工夫が施されています。この内揚げの縫い目は、帯の下に隠れるようにすると、見た目にもスッキリします。内揚げは、将来着丈を長く仕立て直したり、擦り切れた裾を切って縫い直す時などに活用するためのものです。女物との仕立ての違いは、他にも衿の幅や、袖の付根の身八つ口が空いていない点などがあります。

なお、羽織や長襦袢に対して長着という言葉は使われません。

男物長着
男物長着