Vol.16 男性の喪服について~男性の礼装~|男のきものWEB講座

男のきものWEB講座

男性の喪服について

男性の和装では、喪服の場合も第一礼装と同等であるとされるのが一般的ですが、実際には喪主以外では大袈裟なため、選択に躊躇して洋装にするといった方も多いようです。
喪主でなく参列者としての弔問の場合は、必ずしも黒紋付である必要はありません。
また、袴も必須ではありません。
季節に応じた黒の紋羽織さえ合わせれば、着物はお召しでも紬でも、紺や黒、濃い鼠など、ちょっとダークな色合いの地味系な着物であれば何でもOKです。
微妙に明るめな色の場合は、角帯だけでも暗めのものにすれば、控えめな印象になります。
半衿や羽織紐も白でなく、グレーなど黒っぽいものにします。
足袋は白足袋でも構いませんが、目立つようなら、黒や紺足袋を履くとよいでしょう。
履物は爬虫類などの動物皮や派手な印象のものを避け、着物や足袋に合わせた暗めな色のものが無難です。
つまり、葬儀に相応しい色合わせさえ考慮すれば、普通の着物でもよいのです。
法事や葬儀に参列する機会が比較的多い立場の人であれば、夏冬一枚ずつの黒の紋羽織さえ用意しておけば、いざという時に役立つことと思います。