Vol.06 「染めの着物」と「織りの着物」~男のきもの入門~|男のきものWEB講座

男のきものWEB講座

「染めの着物」とは、白生地を先に織ってから様々な技法によって後から染めて作られた着物で、「織りの着物」とは糸を先に染めてから織りあげて作られた着物のことをいいます。このため「先染め」といえば織りの着物を、「後染め」といえば染めの着物のことをいいます。

男性の着物は、ほとんどが織りの着物であり、染めの着物は羽二重の紋付や縮緬地の江戸小紋など、どちらかというと少数派ですが、女性同様にフォーマル向きの着物として多く利用されています。

織りの着物は、経糸と緯糸の糸の種類、太さ、色などによって織り分けられ、これらの違いにより、様々な風合いと表情が生まれます。当店では、全国の染め織り物を多数手に取ってご覧いただくことができますので、ぜひその着心地の違いをお確かめ下さい。

染めの着物の加工工程の一例
染めの着物の加工工程の一例

織りの着物の加工工程の一例
織りの着物の加工工程の一例