Vol.02 知っておきたい和服のポイント~男のきもの入門~|男のきものWEB講座

男のきものWEB講座

知っておきたい和服のポイント

きものを楽しむ前の予備知識として、以下のポイントをおさえておかれるとよいでしょう。奥深い着物の知識は、必要に応じて楽しみながら覚えていきましょう。決して難しい世界ではありません。

デザイン

構造が平面のため、身体に着付けて初めて衣服としての形が完成します。このため、立体的でサイズ固定の洋服と違い、体型に合わせて多少のサイズ調節が可能です。着物は、人が着ることで初めて完成するデザインの衣服です。

素材

代表素材は絹。他に麻、木綿、化繊、ウールなどが一般的で、これら素材の混紡品もあります。ただし着物は、素材が同じでもその風合いや着心地は製品ごとにそれぞれ異なり、その味わいを楽しむのもまた、着物の魅力の一つです。当店では、素材にまでこだわったものづくりを行っています。店頭で、ぜひその違いを感じて下さい。

機能性

通気性と保温性の高さは秀逸です。季節に応じた着物を着れば、夏涼しく冬はとても暖か。日常では慣れるとほとんど不自由はありません。

着心地

開口部が大きいためとても開放的でラクな着心地が楽しめます。帯を締める腰部分以外、布地が肌に密着しないことも常にゆったりとした着心地が得られるポイントです。着崩れしやすいともよくいわれますが、それもある意味において、ゆるやかで着心地のよい衣服である証です。

サイズ

体型に合わせたオーダーメイドが基本です。当店では仮縫いを行ってから本仕立てを行いますので、お客様の身体にぴったりな着物をお届けいたします。身体にぴったりのサイズの着物身に付けると、着心地も格段に違います。

着用方法

着物を着る基本は、前を合わせて帯を締めるだけなので、本来はとってもかんたんです。男のきものは帯さえ締めることができれば問題なく着ることができます。角帯の締め方も、慣れるときっとネクタイよりも簡単に感じられます。当店では、帯の締め方も実践的にご説明させていただきます。

お手入れ

着物のお手入れが困難だと思われている理由は、色落ちする場合や生地の型崩れや収縮が起きる場合などがあるからです。少しでも御心配がある場合は、当店の悉皆サービスをご利用ください。汚れた場合は、いつ何で汚れてしまったかをメモしておくと適切に対応できます。