南風原花織 草木染 「透かし織 墨黒」手織り着尺|店主 泉二弘明のおすすめの逸品

南風原花織 草木染 「透かし織 墨黒」手織り着尺|店主 泉二弘明のおすすめの逸品

店主 泉二弘明のおすすめの逸品
南風原花織 草木染 手織り着尺
単衣にもおすすめ「透かし織 墨黒」

今月の店主泉二のおすすめの逸品は、沖縄本島の南部にある南風原町(はえばるちょう)で織られている花織、「南風原花織(はえばるはなおり)」です。主に両面浮き花織の技法でつくられており、立体的な織技法が美しく、単衣にもおすすめのひと品でございます。

シンプルな色柄ですが、花織ならではの立体感ある織り表情が美しく、身に纏うと立体感が出て、どこか躍動的な雰囲気を感じさせる、印象的なおきものでございます。こちらは、カテキュー(阿仙薬)を用いた草木染めによる、手織りのおきもの。墨黒の色味を抑えた深い地色が、織りの技術を引き立てる一枚。

6mmほどの丸で構成されたシンプルな幾何学模様がお洒落な花織。円に近い丸と縦長の丸が全体に渡り、遠くから見ると花模様のようにも見えます。模様の一部が、織り方で透けるようなデザインが施されており、非常にお洒落な一枚。糸一本一本、緻密に柄合わせされた文様はとても繊細で美しく、織りならではの抑えた光沢感があり、高い技術が光ります。

南風原花織は、墨黒とモカブラウンの2色

こちらの南風原花織は、墨黒とモカブラウンの2色でご用意がございます。
墨黒とモカブラウンで、かすかに織り表情が異なり(写真上)、墨黒の花織のほうは、
■〇■〇■・・・四角と輪で交互の花織紋様、モカブラウンのほうは、
■■■■■・・・といった緻密な四角の並んだ花織紋様となっております。

こちらは、袷のお仕立て代が含まれております。お単衣でもお召しいただけます。袷でお仕立ての場合は、胴裏と八掛を別染めでご提案させていただきます。

伝統を踏まえつつも、抑えた色味のさりげない意匠で、現代のシンプル好みのきものファンの方にもきっと着まわしやすいことと思います。工芸品で長く、幅広く着れる一枚をお探しの方に、ぜひおすすめです。

沖縄県織物検査済之証、沖縄県伝統工芸品之証がついております。伝統の琉球織物、立体的な織り技法が美しい南風原花織のご紹介です。シンプルな色柄ですので、男性にも、女性にも、おすすめです。

南風原花織

伝統ある確かな技術の工芸品でありながら、抑えた色味のさりげない意匠で、現代のシンプル好みのきものファンの方にもモダンにお洒落にお召いただける上質なひと品をぜひお楽しみいただけたらと思います。
こちらの南風原花織は、2色展開でご紹介いたしております。