日本刺繍作家・森康次作 羽衣薄羽織「菱繋ぎ文&四角文」店主 泉二弘明のおすすめの逸品

日本刺繍作家・森康次作 羽衣薄羽織「菱繋ぎ文&四角文」店主 泉二弘明のおすすめの逸品

店主 泉二弘明のおすすめの逸品
日本刺繍作家 森康次作 羽衣薄羽織
薄羽織「羽衣 菱繋ぎ文」、「羽衣 四角文」

今月の泉二弘明のおすすめの逸品は、昨年の4月、日本刺繍作家の森康次さんの個展を開催した際に制作いただき、好評を博した「羽衣羽織」のご紹介です。春の装いを軽やかに彩り、大人の上品な着姿を演出する「羽衣羽織」による特別企画を開催しております。

蝶の羽を思わせる薄手の織物にほどこされた奇跡のような刺繍の技

「羽衣羽織」、それは、天上を優雅に舞う天女の衣のような、羽毛のごとく軽やかな薄手に織られた透明感ある織物に、繊細で品のある刺繍をほどこした、息を飲むほどに美しい羽織作品です。

の羽を思わせる薄手の織物にほどこされた奇跡のような刺繍の技

柔らかで上品な地色に森氏の繊細で巧みな刺繍の技が際立ちます。文様は全てオリジナルデザインの刺繍。昨年の森康次氏の個展催事で初お披露目した羽衣作品への、お客様の熱いご要望にお応えし、今回は、店主泉二自ら生地の機場に出向き、織りから関わり、待望の限定販売を実現しました。春の装いを軽やかに彩る大人の上品なきもの姿を演出する羽衣羽織を男女限定5点ずつ、制作いたしました。

蝉の羽根を思わせるような透明感のあるしなやかな透け感。清々しい品格がお召しになる方の身体をそっと包み込み、心まで澄み渡るようです。極上の薄衣、幸福な時を感じていただける薄羽織です。

日本刺繍作家 森康次作 羽衣羽織「菱繋ぎ文」、
「四角文」

羽衣羽織「四角文」

森康次作 羽衣羽織「四角文」
こちらは上品な淡いグレーに染められた薄衣に施された、四角文の彩りのセンスが絶妙に美しく、刺繍の技の見事な羽衣羽織の作品です。チャコールグレーやグレー、グリーングレーの微妙な濃淡の優しい彩りで、ひとつひとつ、柄行の配色を違えて表現しています。一針一針に思いを込められながら表現された四角文の意匠も魅力的です。中央の小さな四角の周りにひとまわり大きな四角が線でほどこされ、そこ上に4枚の風車の羽のような四角を配した意匠は、刺繍糸の濃淡を変えた美しいグラデーションで表され、大変品があり、お洒落な作品に仕上がっています。刺繍糸の彩りの繊細な変化と細部にわたる緻密な繍技には惚れ惚れしてしまいます。

刺繍ならではのかすかな立体感が蝉の羽根ほどの薄手の生地にあらわれる奇跡のような精緻な技の見事さに、心打たれずにはいられません。

羽衣羽織「菱繋ぎ文」

こちらは上品なグリーンベージュに染められた薄衣に、薄青、藤、クリーム、薄緑、白、ライトグレーの爽やかで優しい彩りで菱繋ぎ文が刺繍された作品です。奥行を感じさせる、繋がり合う菱の文様の確かな刺繍表現の美しさには、息を飲みます。繋がった菱飾りがくるくると回転しているかのような立体感と躍動感を感じられる意匠性も素敵な作品です。その極細の糸の風合いと、まるで手にしていないかのような軽さの中に表現された見事な刺繍の技と美しく品のある色彩の作品の上質なたたずまいに想像以上の感動を感じられることと思います。

森康次作 羽衣羽織「菱繋ぎ文」

いずれの作品も、刺繍の裏処理は大変丁寧で、表裏を見まごうほどです。単衣でお召しになられる羽織だからこそ、裏の処理も気遣われる、森康次さんならではのあたたかなお気持ちが完成度の高さに伝わります。
穏やかで優しい、森康次さんのお人柄を反映した美しい刺繍が魅せる、羽衣羽織作品の豊かな表情をご堪能ください。

森康次氏 プロフィール

森康次氏は、昭和21年1月5日、京都市中京区、「ぬい屋」と呼ばれる、刺繍業を家業とした一家に長男として生まれました。

白生地を持って町内を一回りすれば、絞りの着物も友禅の着物も染め上がるという、着物とは縁の深い地域環境で育たれました。

長男が家業を継ぐことが普通であった時代、昭和36年に家業に従事されます。29歳のとき京都市伝統工芸技術コンクールの出品を皮切りに京都市展、京都府工美展、日本伝統工芸近畿展、日本伝統工芸染織展、国際テキスタイルコンペテションなどの公募展に出品し、受賞を重ねらます。その後、平成元年、日本工芸会正会員の認定を受けられています。

きもの文化の中で、生かされ発展してきた日本刺繍。

「大げさに言うのなら、わたしの人生もこの中にあり、この中で生かされてきました。」

とおっしゃる森康次さん、現在は、京都上賀茂に工房を構え、技術を後世に伝えるべく、意欲的に活動をされています。

今月中開催の森康次 特別企画 ~羽衣羽織~ では、刺繍人生一筋の森さんの心を写し取ったような、巧みな技による爽やかで優美な素晴らしい刺繍作品を≪限定男女5点ずつ≫、特別制作したものをご紹介しています。ぜひ足をお運びください。

森康次さんの刺繍の技の丁寧さ、色や形の美しさには、どの作品を見てもうっとりせずにはいられません。そして森さんの作品からは、不思議と、どの作品にも穏やかな優しい「心」が感じられるのです。森さんの愛情を込めて丁寧に作品づくりをされるお人柄の表れであり、それを身に纏うことは手仕事への愛情を肌で感じられる着物ならではの幸せです。