重要無形文化財 喜如嘉の芭蕉布「星十字」着尺|店主 泉二弘明のおすすめの逸品

重要無形文化財 喜如嘉の芭蕉布「星十字」着尺|店主 泉二弘明のおすすめの逸品

店主 泉二弘明のおすすめの逸品
重要無形文化財 喜如嘉の芭蕉布の着尺「星十字」

2012年5月17日より、「『信念で育む喜如嘉の芭蕉布』平良敏子と芭蕉布織物工房展」を開催させていただきます。

喜如嘉の芭蕉布

小柄な身体に優しい微笑み、穏やかな声。寄り添うと、暖かくふわっとした空気が私達を包み、心が癒されます。戦後から今日まで幾多の困難を乗り越え、「喜如嘉と言えば芭蕉布」と言われるまでに築き上げてきた、平良敏子さん。

様々な出来事を乗り越えて、芭蕉布と共に生き、技術を徹底的に磨き、そして後継者育成に励まれ、2000年に人間国宝に認定され、現在でも第一線の制作現場でご活躍されています。

平良敏子さんが主宰する芭蕉布織物工房の貴重な作品が揃いました。琉球の島々で生き続けた芭蕉布を引き継ぎ、それを更に斬新に、精緻にとデザイン化し、プロデュースを進めた平良さん「心で織る」作品の数々をぜひご覧ください。

芭蕉布とは

芭蕉布と店主・泉二
「この芭蕉布着尺、本当にものすごく軽いんですよ。

ぜひ手にお持ちになってみてください。

手の平に感じられるしなやかさや軽さが、上質な自然布の証拠です。」

上質な自然布の、手の平に感じられる素材感というのは、自然布ならではの良さを実感させてくれるものです。店主 泉二は、お客様にもいつも実際にお手にとっていただき、実感していただけるようおすすめしています。

芭蕉布とは、「糸芭蕉」という木の繊維から作られます。芭蕉はバナナの木の一種です。「糸芭蕉」は切り倒す際に芯近くから外皮へと4種に選別されますが、芯に近いほうの木の繊維は、より柔らかく細い繊維がとれるため着尺に用いられ、それより少し外側の繊維は帯に、一番外側の繊維は、小物や座布団などに使われます。

糸を績む時にも「色」「質」「細さ」で選別されます。自然界で育てる芭蕉は、その時の気候によって微妙に成長が違うため、上質の着尺を織り上げるには、績んだ糸を何年も貯め色を揃えていく必要があります。織り上げるまでは、とても切れやすく、極めて扱いの難しい芭蕉の繊維は、不思議と織り上げられたあとはどの繊維にも増して強い布になるのです。

人間国宝 平良敏子

天然染料による染めと精緻な手織り、喜如嘉の芭蕉布はそのしなやかな風合いから世界にも類を見ない存在になっています。

その作品を作り続ける平良さんの仕事は、決して楽なものでも、また苦労が十分に報われるものでもありません。それでも輝くような笑顔で作り続けるのが平良敏子さんです。

伝統の織物が盛んな沖縄でも、糸から地元で作り、精練して織り上げるという織物は「喜如嘉の芭蕉布」だけになっています。

喜如嘉の芭蕉布を真剣に見る店主・泉二

今、義理の娘、美恵子さんを筆頭に弟子や仲間達が敏子さんを支え、敏子さんの芭蕉布に掛ける精神を受け継ぎ、物づくりを続けています。喜如嘉の芭蕉布の灯は、幾多の困難を超え、平良敏子と言う「誠の心」を持った女性の力で生き続けて来ました。

人間国宝 平良敏子
そして、これからも伝えられた人々の心にゆるぎなく根ざしていくでしょう。

実際に使う人の希望を取り入れ、敏子さんの体験的な知恵や色の応用によって今の街並みにも活き活きと映える芭蕉布が作り上げられました。

今回も、素晴らしい着尺とともに、店主泉二がお願いして作っていただいた男性の角帯も届きました。このまたとない機会をぜひお楽しみください。