Vol.33-2 長襦袢|男の着物人生、始めませんか

男の着物はじめ 男の着物人生、始めませんか

長襦袢の寸法

長襦袢は、長着のすぐ下に着る下着です。対丈(ついたけ)で仕立てますから、半襦袢と裾除(すそよけ)の組み合わせのように長さの調節ができません。そのため、袖口や裾から出ることのないよう、やや短めに仕立てます。

粋を楽しむ

男の着物は色柄ともに地味なものが一般的ですので、その分下着に凝るというのがおしゃれとされてきました。羽織の羽裏などに凝るのと同じです。実際、袖口や裾などから長襦袢がちらりと見えることがありますから、色はちょっと遊んだ感じにすると粋に見えます。柄については、背中などにかなり派手な絵柄をあしらったものもありますが、近頃では、幾何学模様などシンプルなものをお選びになる方が多いようです。

素材を選ぶ

素材は、絹や綿、麻、化繊などがあります。綿や麻、化繊のものは、ご家庭で洗濯できますので、手入れが楽という利点があります。特に、麻の長襦袢は乾きが早いので、旅行のときに重宝します。素材によって肌触りや重さも違ってきます。お選びになるときは、実際に手に触れてお確かめになることをおすすめします。