Vol.30 角帯|男の着物人生、始めませんか

男の着物はじめ 男の着物人生、始めませんか

男帯の種類

男物の着物に締める帯のことを、まとめて「男帯」と呼びます。種類の多い女物と違って、男帯は角帯と兵児帯(へこおび)の二種類のみです。

角帯

普段着から礼装用まで幅広く用いられるのが角帯です。幅が約9~10センチの硬い地のもので、長さは4メートル前後。身長や体型に応じてお選びになるといいでしょう。締めるときの折り返しの量で、長さを調節できます。

素材、織り、柄

帯地には、初めから二重になるように袋状に織られたものと、二つに折って仕立てる平織りのものとがあります。素材は、普段着用の綿やウールを始め、絹や盛夏に締める麻など様々。織りも紬や博多、綴(つづれ)、さらに金糸を織り込んだ綾織(あやおり)のものなど多様です。色柄は渋く地味めですが、表裏で柄が違ったリバーシブルで使えるものなどもあります。

締めやすくて緩みにくいのは正絹(しょうけん)です。ある程度芯や張りのあるものの方が、初心者には締めやすいでしょう。最初の一本として選ぶなら、博多織りの「献上(けんじょう)」と呼ばれる独鈷(とっこ)模様のものなどが、利用価値も高くなります

*正絹・・・・・混じり物のない絹のこと。