Vol.28 羽織|男の着物人生、始めませんか

男の着物はじめ 男の着物人生、始めませんか

羽織はジャケット

羽織とは着物の上に着る上着のことです。通常は、衿を外に折り返して、胸元で羽織ひもを結んで着ます。丈については、時代によって流行があるようですが、ここしばらくは、ひざ丈くらいの長めのものが流行っています。丈が長いものは、「長羽織」と呼ばれることもあります。

羽織は洋装で言うとジャケットに当たるものなので、家の中でも着たままになります。ただし、多少くつろぐ雰囲気の時には、羽織をお脱ぎになっても構いません。

羽裏の美学

羽織の裏地のことを「羽裏はうら」と言います。男物の羽織は、表は地味ですが裏に凝る傾向があり、羽裏には山水画などのほか、浮世絵など華やかなものも以前は見られました。ただ、今はシンプルな柄の羽裏をお選びになる方が多いように思います。

カジュアルな「袖なし羽織」

袖のない羽織もあります。着流しの上や細身の袴の上に羽織るもので、普通の羽織よりややカジュアルで気楽な感じです。着流しだけで街歩きはちょっと砕け過ぎるけど、かといって、羽織ではちょっと大げさというときに重宝します。

*着流し・・・・・羽織を着ない、着物(長着)のままのスタイル。