Vol.12 浴衣の楽しみ方|男の着物人生、始めませんか

男の着物はじめ 男の着物人生、始めませんか

夏は素肌に浴衣

私が好きな浴衣は、古典的な柄のものです。いかにも涼し気で、高温多湿の日本の夏の辛さを癒してくれるような気がいたします。加えて、綿の浴衣を素肌に着る感触は、何とも気持ちいいものです。

数年前から、洋服感覚で選べる仕立て上がりの浴衣が増えてきました。若い方々の間でも、カップルで浴衣を着て花火大会などに出掛ける機会が増えているようです。色や柄も豊富ですし、デパートで手ごろな値段で買えるようになりました。

着物の胸元がはだけてしまうとあまり見栄えのいいものではありませんが、浴衣なら、多少はだけてもおかしくないものです。この点も気楽に着られる浴衣のよさでしょう。

浴衣で着物事始

着物まではなかなか・・・とおっしゃる方は、まずは浴衣から入り、着物を着慣れていかれるといいと思います。ここで「着物はいいな」と興味を持ってくださった方が、一人でも多く着物の世界に入ってくだされば、とてもうれしく思います。

また、下駄も履くことで、慣れていくことができます。浴衣をお召しになったときに、履く練習をぜひなさってください。

合わせる小物は、和物である必要はありません。若い方々は普段使っているものを抵抗なく取り入れていらっしゃるようですが、その点、私たちも大いに学ぶべきと思っています。実際、鮮やかな色をしたナイロンバッグやダイバーズウオッチなどを合わせ、楽しく着こなしている方もいらっしゃいます。

浴衣の楽しみ方上級編

何年か仕立て上がりの浴衣を着込んできたら、今度は自分に合ったあつらえのものに挑戦してください。浴衣とはいえ、やはり、自分の体にぴったり合ったものこそが着心地もよく、着姿も美しくみせてくれますから。
写真手前:献上柄、奥:一本独鈷
写真手前:献上柄、奥:一本独鈷

帯は博多の「献上(けんじょう)」柄か「一本独鈷(いっぽんどっこ)」がしっくりきます。献上柄の帯は、どなたでも一度は目にしたことがある、縞が何本も入った帯です。また、一本独鈷は、真ん中に一本ラインが通った帯です。ともに、男らしさを際立たせてくれます。

ここにウチワをさして歩いたら、何ともいなせで粋な夏の装いになります。洋装で花火大会や祭りに出掛けるよりは、浴衣のほうが何倍も楽しいに違いありません。

浴衣は、洗うと多少縮んで短くなってきますが、くるぶしが見えるくらいに短くなっても、活動的で夏らしい印象を与えますので、あまり気にせずお召しいただければと思います。