「WEB UOMO」にて2020春夏コレクションが紹介されました| メディア掲載

「WEB UOMO」にて、『2020年東京の夏、粋な男は都会を彩る“着物”で過ごす』と題し「銀座もとじオリジナルコレクション2020春夏」が紹介されました。
雑誌「UOMO」のウェブメディア「WEB UOMO」では「すべてが動く」を合言葉に、ファッションをはじめ様々なジャンルの最新情報を魅力的なムービーとともに発信。今回の2020春夏コレクションについては、明石縮の製作工程をまとめた動画とともに紹介してくださっています。ぜひご覧ください。

紹介記事はこちら


銀座もとじ男のきもの オリジナルコレクション2020春夏 -東京五彩-

2020春夏 商品一覧
オンラインショップはこちら

ルックブックのコーディネート紹介動画はこちら

男女ぺア含む6コーディネートの紹介動画はこちら

<1> 紗羽織 染小紋 298,000円 / 着物 単衣御召 238,000円 / 角帯 西陣織 158,000円


<2> 着物 染小紋 298,000円 / 角帯 綴織 248,000円


<3> 着物 明石縮 198,000円 / 角帯 紙布 138,000円


<4> 着物 夏紬 298,000円 / 角帯 草木染 158,000円


<5> 着物 夏紬 188,000円 / 角帯 型染 98,000円 / 帽子 パナマ 330,000円


Art direction / Graphic design: Naonori Yago
Photograph: Yuji Hamada
Hair & Make-up: Keitaro Hashi (Hair Moija)

日本の最大人口の都市である「東京」。
ビルや建造物同様、私たちもその景観をつくり、動かす一部である。
一人一人が選択する装い、言葉、思考などあらゆることが、
最小単位のピクセルのひとつとして、
東京の色彩を構成する要素だと考える。

入り交じる人、物、情報。
あらゆるものを吸収し、融合しながら新たなエネルギーを放出し、
目まぐるしい流れの中で呼吸し続ける“今の東京”。
そこから連想した色彩<藍・柳・茜・常盤・鼠>を「東京五彩」として、
着物、浴衣、角帯など総数60点余りに表現。

溢れる選択肢の中から、選ぶ一人一人の装いが
新たな東京の色彩を形成していく。

コンセプトビジュアル詳細はこちら