ミセス 2018年9月号|メディア掲載

「伝統からモダンへ 日本文化の新しい試み」(p56-p63)という特集にて、モデル・知花くららさんにプラチナボーイ大島紬(銀座の色絣)と浮織の九寸帯をお召しいただきました。

洗練された日本茶のスタイルを提案するSIMPLECITY・緒方慎一郎さんのこだわりを体験できるお店「八雲茶寮」で、「茶方會(さぼえ)」を知花くららさんの体験を通じてご紹介。和モダンな空間にひときわ映える、水色の蚊絣のプラチナボーイ大島紬に斉藤佳代子さん作のオフホワイトの浮織九寸帯(作品名「静森の音」)を合わせたコーディネートで、素敵に着こなしていただきました。